カテゴリ:302 Uni+( 89 )

P 5797 世代間問題研究機構(一橋大学)

2010.3

1. 教員の受けいれ
①専任教員
田中秀明准教授(財務省)
植杉威一郎准教授(経済産業省)
池永肇恵准教授(内閣府)
松本勝明教授[7月31日迄]、稲垣誠一教授[8月1日以降](厚生労働省)
②外国人特任教授
A. Cigno教授(フィレンツェ大学):2010年2月19日~2010年4月30日
③非常勤研究員
鈴村興太郎教授(早稲田大学)
小椋正立教授 (法政大学)
玄田有史教授 (東京大学)
黒田祥子准教授(東京大学)

HP
[PR]
by jpflege | 2010-07-18 06:18 | 302 Uni+

P 5731 ニッセイ基礎研究所

nli トップ 

研究領域
保険・年金・社会保障
生活・ライフデザイン
経済・経営・資産運用
社会・公共
[PR]
by jpflege | 2010-07-13 20:51 | 302 Uni+

P 5675 東大TV

東大TV

TODAI TVへようこそ! TODAI TVは、東京大学で実施されている公開講座、各種のイベントの講演などを視聴することのできるサイトです。東京大学では、毎日新しい知が生産され、また、世界中の知が行き交っています。
東京大学はリーディングユニバーシティとして、学びたいと思うすべての方々を応援いたします。ご自由にお役立てください。

なお、東京大学の正規授業のネット配信は、UT Open CourseWare(東大オープンコースウェア)で行っております。
[PR]
by jpflege | 2010-07-11 01:14 | 302 Uni+

P 5671 STYLE BOOK

BS朝日

2010.07.11 0.00~0.30 を聞きました。

大学の講義をさまざまな形で聞く

・東大(iPad)
・TEMPLE日本校(英語で)
・東京農大(生涯学習)


【感想】

☆ソーシャルワーク
☆介護ソーシャルケア

はどうか?
[PR]
by jpflege | 2010-07-11 00:42 | 302 Uni+

P 5629 福祉系学会カレンダー

学会カレンダー

便利なものが作られましたね。
*twitterから。nupe氏作成。

*日程だけではなく学会リンク集となっています。
[PR]
by jpflege | 2010-07-06 22:39 | 302 Uni+

P 5612 神戸大学紀要集

Kernel

神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要
[PR]
by jpflege | 2010-07-06 06:46 | 302 Uni+

P 5595 松岡正剛

ja.wiki

*TV「情熱大陸」2010.07.04

→238 伊部英男『開国』の書評 P1112 (松岡 2002.07.16)
[PR]
by jpflege | 2010-07-04 23:34 | 302 Uni+

P 5544 大学の教員組織(文部科学省)

審議会

配付資料
資料1 大学の教員組織の在り方に関する検討委員会(第12回)議事要旨(案)
資料2 「新職」の職名について
資料3−1 「大学の教員組織の在り方について<審議のまとめ>(仮称)」(案)
資料3−2 「大学の教員組織の在り方について<審議のまとめ>(仮称)」(案)(「審議経過の中間的な整理」からの変更部分見え消し版)
資料4 大学の教員組織の在り方について(図)(PDF:622KB)
資料5 御意見の連絡先


参考資料1 大学の教員組織に関する関係条文
(※大学分科会 報告書等へリンク)
参考資料2 大学教員の設置者・専門分野別分布状況
(※大学分科会 報告書等へリンク)
参考資料3 諸外国における大学教員の職の在り方について
(※大学分科会 報告書等へリンク(PDFへのリンク))
参考資料4 「大学教員組織の在り方について(審議経過の中間的な整理)」概要
参考資料5 「大学教員組織の在り方について(審議経過の中間的な整理)」
(※大学分科会 報告書等へリンク)
[PR]
by jpflege | 2010-07-02 07:24 | 302 Uni+

P 5472 ダイヤ高齢社会研究財団

ダイヤ財団

(財)ダイヤ高齢社会研究財団(以下、ダイヤ財団)は、平成5年に三菱グループによる新しい社会貢献事業として、当時の厚生省の認可を得て設立された財団法人です。

設立当時は、高齢者の保健・医療・福祉の分野ではサービスの量的・質的充実が緊急の課題となっていましたが、サービスの供給・需要の両面にわたっての研究があまり行われておらず、また、研究はあってもその成果が実践の場に活かされていないなどの問題がありました。

そこで、民間の立場から高齢化社会の諸問題の解決に資するための調査・研究・開発を行い、その成果を社会に提案し、普及や啓発を行うことは、時宜を得たことではないかと考え、設立に至ったものです
[PR]
by jpflege | 2010-06-24 19:05 | 302 Uni+

P 5346 対人援助学会

対人援助学会

対人援助学マガジン

創刊号の論文を無料で読むことができます。


*twitterより。dream3443氏の情報です。
[PR]
by jpflege | 2010-06-15 15:50 | 302 Uni+