人気ブログランキング |

カテゴリ:002 介護福祉( 58 )

P 5758 落合恵美子+ 介護保険と家族主義

170号

日本におけるケア・ダイアモンドの再編成:介護保険は「家族主義」を変えたか

落合 恵美子
阿部 彩 埋橋 孝文
田宮 遊子 四方 理人
by jpflege | 2010-07-15 20:23 | 002 介護福祉

P 5757 海外社会保障研究 特集:ケア労働の国際比較

170号

趣旨:落合恵美子

この特集は、国際連合社会開発研究所(UN Research Institute for Social Development)の「ジェンダーと開発」部門の研究プロジェクト「ケアの政治社会経済(Political and Social Economy of Care)」(2005-2009年実施)に基づいて編まれたものである。

本プロジェクトは、高齢化やグローバル化によるケア労働者の国際移動などを契機に、実践的かつ学問的な関心がますます強まっている「ケア」(高齢者や疾病者・障害者に対する介護および子どもの保育)を主題として、従来の社会科学的分析では捉え難かった「ケア」を可視化する理論装置の提案と、実証的国際比較研究の実践とをめざしたものであった。
by jpflege | 2010-07-15 20:16 | 002 介護福祉

P 5634 笹谷春美 

2005 研究会講演記録

笹谷氏の報告を受けて、質疑応答と、討論がおこなわれた。 まず、出席者から、フィンランドの「ラヒホイタヤ」とよばれるケアワーカーの資格について、質問がだされた。また、「ラヒホイタヤ」は、英語では、practical nurse、あるいはnursing aide (or license practical nurse)に相当するのではないかといった意見がだされた。これに対し、笹谷氏からは、nursing aide (or license practical nurse)=「准看護師」よりは地位が上であるが、nurse=「看護師」より地位は低く、むしろ日本の「介護福祉士」に相当し、「ラヒホイタヤ」導入後、職域間での階層差がなくなったとの評価が現場でなされていることが紹介された。
by jpflege | 2010-07-07 08:33 | 002 介護福祉

P 5633 笹谷春美 北海道教育大学

厚生労働科学研究 平成19年度報告書

「介護者の確保育成策に関する国際比較研究」
分担研究報告書
フィンランドにおける介護者の確保育成策

5.ラヒホイタヤという柔軟な能力と知識を有する新しい資格をもったユニークな介護サービス従事者の育成政策の結果、相対的に質の高いケアワーカーを確保しており、国際的にも注目されているところである。

ラヒホイタヤという資格は女性が介護サービス従事者として長期間労働市場に留まることを可能にした。また、彼女たちの多くが自治体雇用であり、SUPERという労働組合に組織されている。この点で「女性に優しい福祉国家」という規定がまだ当てはまり、これらが「人材不足」を防いでいると捉えることができる。
by jpflege | 2010-07-07 07:25 | 002 介護福祉

P 5614 介護職員が行う医療行為(厚生労働省)

CBニュース

厚生労働省は7月5日、「介護職員等によるたんの吸引等の実施のための制度の在り方に関する検討会」の初会合を開催した。出席した委員は、介護職員が医療行為を手掛ける場合の課題について意見を述べ合った。

*7月6日、各紙。
by jpflege | 2010-07-06 07:41 | 002 介護福祉

P 5532 「介護福祉」概念

カテゴリ002「介護福祉概念」には、これまで32件の記事をアップしています。

国際比較的にいえば、「介護福祉」と重なる概念はないようです。

そのことをさまざまな国の類似概念と重ね合わせることが、この「資料編」の一番の目的ですので、最初のカテゴリになっているわけです。

一番のポイントは、
・医療との関係
・ソーシャルワーク
との関係ですね。

私自身、まだ、研究の入り口についたばかりですが、関心のおありの方は、どうかカテゴリ002の各記事をお読みください。

介護概念の研究には、ドイツのpflegeという概念との相違を明確にする必要があります。
→004 
by jpflege | 2010-06-29 21:04 | 002 介護福祉

P 5502 森川美絵 2009

niph

フィンランド,ドイツ,アメリカ合衆国における介護人材の確保育成策について,インフォーマルな介護者への対応も含めた取り組みの概要,介護従事者の確保・労働条件改善にむけた施策,および,専門的な介護人材の養成に関する施策を検討した.

フィンランドにおいては,介護サービスの供給を,公的
責任と普遍性の原則にもとづき,地方自治体が主体となり
実施している.包括的なサービスの享受は,市民的権利と
認識されている.家族介護者を支援するため,介護を行う
家族への現金給付,休日の取得と代替介護の保障,相談・
指導などのサービスが行われている.介護従事者は,比較
的高いレベルの教育・訓練を受け,フルタイムおよび自治
体雇用の職員比率が高く,賃金水準も比較的高い.1990年
代に保健医療部門や社会ケア(社会福祉)部門の10の中卒
対象の職業資格が統合され,共通基礎資格「ラヒホイタヤ
(英語呼称:practical nurse)」の制度が導入され,中心的な
介護人材となっている.介護人材不足は顕著ではなく,人
材の定着が高い割合でみられる.
by jpflege | 2010-06-27 08:37 | 002 介護福祉

P 4648 介護の優位性

Think Power 2010.05.03

この一言から、人の手をかりなくてはならないことを、この方は自覚していたのだということを理解しました。と同時に、身体的にはかなり疲労を感じていましたが、精神的に癒された利用者からの一言でもありました。そんなことから、利用者には、二重の心配事や不安があることを経験的に知りえることができました。

ここではナースコールですが、何度もなんどもコールで呼ぶのは、来てくれるだろうか、言い換えると、自分を大切に思ってくれているだろうかという不安から、もう一つは自分の切実な願いをきいてくれるだろうか、言い換えると、来てくれて対応してくれるだろうかという期待と不安があることを知りえました。
by jpflege | 2010-05-05 20:47 | 002 介護福祉

P 4629 日本介護福祉士会・石橋真二会長へのインタビュー

CBニュース

不況の中でも、年間の離職率が2-3割で推移し続けるなど、人材難が続く介護業界。その原因を「介護の現場にはキャリアアップの仕組みがないため」と分析するのは、日本介護福祉士会の石橋真二会長だ。この問題に対し、政治ができることは何か―。石橋会長に話を聞いた。
by jpflege | 2010-05-05 15:06 | 002 介護福祉

P 4611 社会福祉士及び介護福祉士法(条文)

jacsw

(定義)
第2条 この法律において「社会福祉士」とは、第28条の登録を受け、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者(第47条において「福祉サービス関係者等」という。)との連絡及び調整その他の援助を行うこと(第7条及び第47条の2において「相談援助」という。)を業とする者をいう。

2 この法律において「介護福祉士」とは、第42条第1項の登録を受け、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと(以下「介護等」という。)を業とする者をいう。
by jpflege | 2010-05-01 17:36 | 002 介護福祉