人気ブログランキング |

2010年 12月 26日 ( 13 )

P 7626 施設を守る人々:Think Power

2010.12.26

「施設サービスは、制度が変わってもしくみが変わっても医療法人の参画がみとめられるようになっても、最終的にはおかれた状況でいかに、その人が求める自立支援ケアを組織的に提供できるかどうかによると思います。」
by jpflege | 2010-12-26 21:45 | 101 Blogs Care

P 7625 アメリカのIndexing funds

Mankiew, 2010.12.26

b0188237_21271798.jpg

by jpflege | 2010-12-26 21:25 | 016 USA

P 7624  アメリカ:入院患者の22%は75歳以上

medical news today, 2010.12.26

Twenty-two percent of all admissions to U.S. hospitals in 2008 were for patients born the year that Franklin D. Roosevelt was first inaugurated President of the United States or earlier, according to the latest News and Numbers from the Agency for Healthcare Research and Quality.

Those who ranged in age from 75 to 84 years accounted for almost 14 percent of the 40 million admissions to U.S. hospitals that year, while patients age 85 and over made up another 8 percent.
by jpflege | 2010-12-26 21:19 | 009 gerontology

P 7623 イギリス:ソーシャルワーカーの報酬/他の専門職との対比

イギリス・ソーシャルワーカー連盟BASW
のサイトが伝える法廷での証人謝金額

BASW, 2010.12.17

Despite advanced proposals to cap ISWs fees at Cafcass rates of just £30 an hour outside of London and £33 in the capital, the MoJ document reveals that nurses can expect to receive £81 per hour of court work, occupational therapists £68 an hour, a doctor £99 and a child psychiatrist £135.

時間当たり
ソーシャルワーカー 30ポンド

看護師 81ポンド
OT  68
医師  99
小児精神科医 135 
by jpflege | 2010-12-26 21:13 | 006 social work

P 7622 NASW, ソーシャルワーカーと「創造性」

アメリカソーシャルワーカー協会NASW
のサイトから
music therapy
で検索された論文の筆頭にアップされていたもの。

creativity

Death and Dying Trends – Creativity at the End of Life

目次

Introduction
An Emerging Trend
Types of Creative Expression
Social Workers Helping Terminally Ill Patients
Creating a New Understanding of Death

Social workers in all settings are learning to help dying patients and their loved ones in new and creative ways. Expressive arts therapists are opening doors to a more holistic end-of life experience.
by jpflege | 2010-12-26 21:01 | 030 alternative

P 7621 末期がんのケアと音楽療法、 Hilliard

china musictherapy

2003

25頁
by jpflege | 2010-12-26 20:32 | 031 music th.

P 7620 終末期のケアと音楽療法 Hilliard, 2005

oxford

*全文無料でダウンロードできました。12頁。

Although music therapy is an established allied health profession and is used with increasing frequency in the treatment of those with a terminal illness, there is a real dearth of empirical research literature supporting the use of music therapy in end-of-life care. This article reviews the empirical studies found in the literature and documents the emergence of an evidenced-based approach to the use of music therapy in hospice and palliative care. A total of 11 studies are reviewed; of these, six show significant differences supporting the use of music therapy in this area. Dependent variables positively affected by music therapy include pain, physical comfort, fatigue and energy, anxiety and relaxation, time and duration of treatment, mood, spirituality and quality of life. Guidelines for future research are considered, and variables that need to be controlled are presented. The need to create an evidence-based approach to hospice and palliative care music therapy is articulated, and future researchers are empowered to continue to conduct investigations among this population.

Keywords: complementary arts – hospice – music – music therapy – palliative care
by jpflege | 2010-12-26 20:27 | 031 music th.

P 7619 100歳まであと50日で亡くなった方

想い・思い・おもい ver.2, 2010.12.24

12月になると、訪問入浴の前のバイタルチェックで、体温が32~33℃台のことが見られるようになり、
入浴を実施することがためらわれるような状況が多くなってきました。
それでも、ご家族が「おばあちゃん、○○さんが見えてくれましたよ」と、肩を揺さぶり、声をかけて下さると、
小さく頷かれ、「わかるよ」と答えても下さいました。

しかし、昨日、いよいよ声かけにも反応が乏しくなり、
朝に訪問したときは、呼吸は極々浅く、脈拍も、末梢ではほとんど触れることが難しく、
血圧も測定ができなくなっていました。
そして、夜になり、旅立たれました。

昨夜は、お月様がとてもきれいでした。
そして、100歳のお誕生日まで、あと50日前の夜でした。
安らかに、お休み下さい・・・。
by jpflege | 2010-12-26 18:50 | 026 death

P 7618 認知症の人と向き合う人を励ます

笑わせてなんぼの介護福祉士、2010.12.24へのコメント

2. あかねっち2010年12月25日 12:30

瞬間瞬間で記憶がうつろになってしまう方たち。
たとえば、作った物を握り締めてしまうかもしれない。
たとえば、気になって触るうち壊してしまうかもしれない。
たとえば、何これ?って捨ててしまうかもしれない。

大切なのは、作ったときの嬉しい気持ちや、綺麗な物を見つけたときのときめき、ふれたときの喜び。
その瞬間きっと、どの方もしあわせに包まれて笑顔になられたことでしょう。
リースは壊れてしまっても、この気持ちはほんわかと心に残ると思います。
そんな宝物を心に届けることができたA子ちゃん、素晴らしいです

おばぁちゃまは嘘とかわざとじゃなく、A子ちゃんの言葉に驚かれたのだと思います。
きっと、素敵なリースを見つけて心魅かれたのでしょう。
by jpflege | 2010-12-26 18:46 | 025 dementia

P 7617 詩人が落ちる穴 関 富士子 

HP

ばかで

びじんの

ぶた

べそかいて

ぼんやり


谷川俊太郎「あいうえおっとせい」より


 ちょっと気分がなえて寂しい日、なぜかこの詩を思い出す。まるであたしのことみたい、と、少し元気を取り戻す。

 ところで、おなじ谷川俊太郎に、「朝のリレー」という詩がある。これを読むと、逆に朝元気に起きる意欲を失うのはなぜだろう。この詩で語られているテーマは目新しいものではなく、エッセイなどの文章でよく見かけるたぐいだが、そのときには決して感じない反発のようなものを、この詩を読むときにどうしても感じるのである。

*今日のTenDoku
テーブルCの5人が選んだ1冊の本でしたが・・・
世の中には、いろんな視点で考える人がいると思いました。
そういえば、この歌はテレビのCMに使われていたとか。
by jpflege | 2010-12-26 14:56 | 309 essay