人気ブログランキング |

2010年 10月 30日 ( 15 )

P 7139 介護保険改正への提言例

東京都 2010.09.21

ねりま介護問題研究会 「提言」はまだ。

東京都介護支援専門員研究協議会 2010.10.05
by jpflege | 2010-10-30 21:12 | 027 LTC

P 7138 介護支援専門員協議会 県・区レベル

東京都

提言


川崎市麻生区

意見募集


沖縄県

講演会
by jpflege | 2010-10-30 21:05 | 024 care m.

P 7137 認知症高齢者における園芸活動の効果

NII

林 典生
by jpflege | 2010-10-30 21:01 | 032 horticultural

P 7136 「福祉と人権」をめぐる基本サイト5点

福祉と人権をめぐる記事は
023 right にこれまで45記事収載しています。

以下の5つは、Google 検索で「福祉と人権」によって選びました。

日本図書センター リーディングス 日本の社会福祉 第5巻

シラバス 平尾 和

大阪市社会福祉協議会報告 2006

おおさか抑制のない高齢者ケア研究会

福祉と人権を考える 平成17年版
by jpflege | 2010-10-30 17:06 | 023 right

P 7135 Japan and China island row flares at Asean summit

BBC

A diplomatic spat between China and Japan over a group of disputed islands has flared up again, hours after an apparently friendly bilateral meeting.

Beijing accused Tokyo of distorting facts over September's collision between two Japanese patrol boats and a Chinese trawler in the East China Sea.
by jpflege | 2010-10-30 09:26 | 651 JAPAN

P 7134 y_burn氏の音楽療法

2010.10.27

twitter上で自分の施設の音楽療法の話題をすると、結構詳細を聞いてこられる方が多いので、今回はそのまとめ、としてこのブログに載せよう、と思います。

 現在高齢者施設で行われている音楽療法はどのようなものか、を再度考慮してみましょう。その内容は合唱や器楽演奏では無いでしょうか?まさかモーツアルトやベートーベンを施設内に流すだけで「ハイ、音楽療法うちの施設で行ってます」とかじゃないでしょうね・・・最悪です。
 
 基本的な事を考えて見ましょう。われわれが学生時代、音楽の授業で扱う楽曲や器楽演奏は心から楽しい、と思えるものでしたか?ちょっと違うんじゃ無いでしょうか。音楽の教師に半ば強制的に押し付けられる音楽ならぬ「音が苦」ではなかったでしょうか?その証拠に、音楽を職業としている人間以外、学校時代学んだ音楽が歌えたり演奏できたり、というケースは相当少ないはずです。最も、好きな音楽を演奏する、ライブをやる、というのはまた別な話ではあるんでしょうけどね。その学生時代の「音が苦」を利用者に強制している、というのが、実は現在行われている音楽療法の一部である、とも言えましょう。施設は学校じゃ無いんです。それを理解しないで押し付けの音楽療法は療法ですら無い、無駄な修行だと思います。

 特に器楽演奏については将来的にはともかく、現状では行うべきでは無いです。音楽を演奏する、という学習もしていないし、その風習の無い状態の高齢者に無理に楽器(それも打楽器もどきでしか無い物が多いですよね)を持たせ、演奏させる、というのは、上手く行かない場合のその高齢者の気持はどうなるでしょうかね?もっと上手くなりたいから練習する、というポジティブな感情になる例はおそらくまれでは無いでしょうか。その殆どはその事で落込み、音楽療法に参加しません、という言につながる、と思います。

~じゃ、あんたの施設はどうしてんだ、ということについての解答~ 
 うちの施設で行っている音楽療法は、こういう感じです。

1.最初に利用者にリクエストを取る。
2.で、そのリクエストを演奏者に演奏して頂く。
3.だいたい20曲で一時間強ぐらいの時間を使う。
4.いつも20曲リクエストが出る、とは限らないので、その場合は似たような曲や暫く出て無いリクエスト曲などを出す。この辺りは司会者のさじ加減でもある(実はこれがおいら以外のうちの施設の職員では出来ない点でもあります)。
5.リクエストした利用者にマイクを回してカラオケの状態にもなるが、そうじゃない場合は他の利用者や職員が歌うこともある。
6.だいたいリクエストはその日に完全消化するよう心がける。
7.利用者に楽器を持たせない。
8.痰痰と流すのではなく、途中に笑いを入れて進行する
by jpflege | 2010-10-30 04:23 | 031 music th.

P 7133 You Tube: Mankiw

2010.10.26
2.56

HP
by jpflege | 2010-10-30 04:18 | 302 Uni+

P 7132 Asahi Haiku 2010.10.29

David McMurray 選

asahi.com

Sunset sea
glowing color
pouring wine

--Yuka Makishita (Mihara, Hiroshima)
by jpflege | 2010-10-30 04:07 | 996 Haiku

P 7131 British Library 大英図書館

BL

*sahasaha氏のblog 2010.10.30から知る。

We hold 14 million books, 920,000 journal and newspaper titles, 58 million patents, 3 million sound recordings, and so much more. Start exploring here.
by jpflege | 2010-10-30 03:50 | 305 Wiki +

P 7130 「人材の育成・活用に関する研究会」

HP

*財務総合政策研究所

(4) 質疑応答, 自由討論

・ 如何に成果を出せるか、強い生徒をつくれるか、国際社会で生き抜ける子供を育てることができるかという視点が重要。

・ 知的好奇心あるいは向上心が低下しているのではないか。このためには、多様な価値観の中で流動的に緊張感を持った競争をもたらすことが重要。

・ 答えのないことを悩む教育、流動化する社会で対応できる教育も重要。ボランティア活動を奨励する、あるいは団体戦のスポーツとか芸術に必ず参加させるというようなことも重要である。

・ 多様な才能が必要な時代には、多様な人材を育てるという姿勢を持たなければならない。

・ 退職した世代、団塊の世代には、多様な能力を持ち、社会的に貢献をしたいという人が非常に多い。そうした人達をもっと活用できないか。スキルのみではなく、人生経験を含めた活用の機会の構築が重要である。方向性としては、学校でも退職世代等を積極的に活用すべき。その際、授業だけでなく生活指導、部活動や他の校務も行えるようにするとよい。部活動は、教員が常時付かなくとも地域の指導者が付いていればできるようにできないかと感じている。

・ 学校教育の段階で、起業家人材の育成も重要である。

・ 大学においては、教員が研究の他に教育、行政も行う必要があることから教員の負担が大きくなっている。研究に集中できるよう、例えば、欧米のような機能別分化を進めることも一案である。

・ 家庭環境や親の意識等が教育に及ぼす影響は非常に大きい。

・ 大学4年生、修士課程2年目は人材育成の最後の仕上げの時期であるが、就職活動や内定後のセミナー出席等により、育成が困難な状況となっている。企業の採用システムを見直すことも重要と考える。
by jpflege | 2010-10-30 03:42 | 029 Social P.