人気ブログランキング |

2010年 01月 14日 ( 19 )

P 3247 海外社会保障研究 イギリス特集(目次)

第169号

*各論文の全文ダウンロードは、次号(第170号、季刊)発行時にアップされる見込み。
by jpflege | 2010-01-14 22:23 | 013 UK Ⅰ

P 3246 ターミナルケア

松田晋哉

 高齢化の進展とともに、慢性疾患、特にがんや脳血管障害後遺症を持つ患者の終末期医療のあり方が、多くの国で議論の対象となっている。フランスでは1986 年のラロック通達により終末期ケアに対する患者の権利と看取りの重要性が法的に確立され、その後、1999 年~ 2001 年、2002 年~ 2005 年、2008 年~ 2012 年の3 回にわたる終末期ケアの推進に関する3 カ年計画および2003-2007 対ガン計画により終末期ケアのインフラ整備が大きく進んだ。
また、尊厳死については2005 年のレオネッティ法が法的基盤となっている。
 フランスにおける終末期ケアのインフラとしては病院における終末期ケア病床、終末期ケアチーム、在宅ケアを支える在宅入院制度、そして終末期ケアネットワークがあり、それぞれに財政措置がされている。
by jpflege | 2010-01-14 22:10 | 020 France

P 3245 ターミナルケア 加藤恒夫

ターミナルケア

各国の看取りの場所の比較は、それぞれの、歴史的、社会学的、政治的眺望の中から、事態を客観的に語られなければ、単なる政治や経済活動の結果としての「看取りのありよう」として捉えられる危険がある。ひとが「死すべき存在」である現実と、かれらが生きてきた「文化」の接点から、より広く観察するとき、緩和ケアの異なった姿が見えてくる。
緩和ケアは、決して技術論や緩和ケアの専門家的立場のみから語られるのではなく、社会学的で歴史的な光の中から考察されなければならない。
本小論は、英国の緩和ケアを、その文化・宗教・政治などの歴史的背景から概観し、日本の今後の終末期ケアの運動論・組織論の参考に寄与できるよう試みた。
by jpflege | 2010-01-14 22:07 | 014 UK Ⅱ

P 3244 厚生労働省 第2回高齢者医療制度改革会議

厚生労働省

*2010.01.12会議
  2010.01.14 資料公表

議題
○新たな高齢者医療制度のあり方について
(総括的なフリーディスカッション)

(資料)
資料1:各委員の主な意見の概要(PDF:256KB)

資料2:本日の議題に関する基本資料(PDF:968KB)
by jpflege | 2010-01-14 18:15 | 823 医療費政策

P 3243 要介護認定率の地域差分析

卒業論文

要介護認定率の地域差分析
-供給者誘発需要仮説の検証-

慶應義塾大学
商学部4年
田村慎也

要介護認定率には都道府県ごとに地域差があり、特に軽度要介護認定率において地域差が大きい。厚生労働白書によれば、軽度要介護認定率の地域差を決定する要因はよくわかっていない。先行研究では、高齢者単身世帯割合や申請率、受療状況の違いなど需要者側に原因を求めている。
しかし、要介護認定を行っているのは各市町村であり、介護サービスの提供状況が地域ごとに異なっているのを考慮すれば認定率の地域差は供給サイドによって決定されるのではないだろうか。原因は供給者側にあるという仮説をたて検証した。
by jpflege | 2010-01-14 17:44 | 103 region Ⅰ

P 3242 岐阜県報告

岐阜県報告 2009.03

海外先進地調査報告書
(高齢福祉関係)

*ダウンロード重い。
by jpflege | 2010-01-14 15:45 | 704 Finland

P 3241 笹谷春美 科研費

笹谷春美

ケアワーカーの養成過程におけるジエンダー課題:伝統的女性労働と「専門性」確保
by jpflege | 2010-01-14 15:43 | 704 Finland

P 3240 森川美絵

森川美絵

介護人材の確保育成策─諸外国の経験から─森川美絵
国立保健医療科学院 福祉サービス部
by jpflege | 2010-01-14 15:39 | 704 Finland

P 3239 太田貞司

太田貞司

*パワーポイント

日本の地域包括システムと介護者養成
2009.03.14
by jpflege | 2010-01-14 15:35 | 704 Finland

P 3238 笹谷春美

笹谷春美

厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業)
「介護者の確保育成策に関する国際比較研究」
分担研究報告書

フィンランドにおける介護者の確保育成策
分担研究者 笹谷 春美 北海道教育大学 教授
by jpflege | 2010-01-14 15:31 | 704 Finland