人気ブログランキング |

2009年 06月 21日 ( 15 )

P 0389 EBP; Symposium at Austin, 2005

EBPに関する文献リスト P 0307
の3番目の項目:

2005.10.16-18
The University of Texas at Austin で
開催されたSymposium 記録

Papers    8件
Responses 4
Highlight 1   Allen Rubinによる総括(17ページ)

が、全文アップされています。(pdf)

Symposium: Professional Development, SSW
by jpflege | 2009-06-21 20:19 | 033 EBP

P 0388 ドイツ アルツハイマー協会

Deutsche Alzheimer Gesellschaft e.V.

DAlzG


→多数のリンクがアップされています。


Hilfreiche Adressen

Links
by jpflege | 2009-06-21 15:56 | 025 dementia

P 0387 アメリカの医療保険改革: 医薬品産業の協力

ABC ニュースは
6月20日付DAVID ESPO (AP)の署名入り記事で、
アメリカの医薬品産業が10年間で800億ドルの負担に合意したと伝えている。

オバマ大統領は、
at a turning point in Amerika's journey toward health care reform

とその意義を評価している。

Baucus, White House in Deal With Drug Industry
by jpflege | 2009-06-21 15:47 | 016 USA

P 0386 ADEAR

アメリカ
Alzheimer's Disease Education & Referral Center

AD Research Centers (ADCs) アメリカ各州にある。


NIA 国立老年学研究所の資金による
P 0008

←P 0061 アメリカ、アルツハイマー協会


ADEAR

CAREGIVING
 Home/Family
 Professional
の項目が充実
by jpflege | 2009-06-21 13:40 | 025 dementia

P 0385 社会福祉学からの研究テーマ

P 0381からP 0384までは、
4つの大学の
大学院(修士・博士)の研究テーマをみてみました。

社会福祉学における博士課程の歴史はまだ浅いのですが、
現場の実践の言語化・理論化
→現場への還元
→教育への還元

さらには
一般社会への還元

という点では、課題はこれからですね。

社会福祉学の中でも、介護福祉関係のアプローチはまだ苦戦中のようです。
社会福祉学が社会学から発達してきたという沿革もありますが、
最近における看護学の大学院の充実を考えると
その研究力の差は大きいです。

このほか、
北星学園大学(北海道)、大阪府立大学など
特色ある大学院もあります。

P 0289 では、介護福祉教育という視点で幾つかの大学のカリキュラムを紹介しています。
これらの大学が修士課程、博士課程を設置・充実させる意味も大きいです。
by jpflege | 2009-06-21 10:13 | 006 social work

P 0384 東洋大学 大学院 福祉社会デザイン研究科

東洋大学の大学院
福祉社会デザイン研究科は
3つの専攻に分かれている。

それぞれの院生の研究テーマをあげます。
院生の名前はアップされていませんので、文献索引としては使えません。

新しい問題の把握の仕方には参考になるものが多いですね。


社会福祉学専攻

福祉社会システム専攻

ヒューマンデザイン専攻
by jpflege | 2009-06-21 09:58 | 006 social work

P 0383 明治学院大学 大学院 社会福祉学専攻

論文一覧
by jpflege | 2009-06-21 09:54 | 007 social care

P 0382 上智大学 総合人間科学研究科 社会福祉学専攻 研究テーマ

社会福祉学専攻 論題一覧

*上智大学図書館の請求番号が付せられている。
by jpflege | 2009-06-21 09:49 | 006 social work

P 0381 日本社会事業大学大学院の院生研究テーマ

学位論文題目一覧
by jpflege | 2009-06-21 09:45 | 006 social work

P 0380 Google scholar

Google
のサービスの一つで
学術論文に限定しているので、検索しやすい。

Google scholar


*英語文献やドイツ語文献の検索にも威力発揮。
by jpflege | 2009-06-21 09:24 | 306 Google+