人気ブログランキング |
<< P 7785 人を語り、介護を... P 7783 池田信夫:資本主... >>

P 7784 岩田正美 最低生活費裁定の難しさ

季刊社会保障研究 46-2、2010-09

この意味で,最低生活費,とりわけ理論生活費は,決してどのような人々にとっても適応しう
るような最低生活の限界を具体的に示すものではない。一般的な社会規範や生活様式を前提とし
て作られた「あるべき」水準であって,その水準での実際の「やりくり」は多様であり得る。と
はいえ,実際の生活の「やりくり」は短期的には極端な圧縮家計も許容するから,どんな最低限
を設定しても,その観点からの批判がたちまち現れてくる。曰く「自分はそれより低い収入で十
分生活しているのに,高すぎる!」と。逆に,先のたばこのような特定個人の事例に基いて水準
が低すぎるという批判が,運動団体などから持ち出されることもある。最低生活費裁定の難しさ
は,このような一種の「やりくり」競争や任意の個別事例の引用にあり,特に日本ではこの面か
ら足を引っ張られる危険が大きいのである。

岩田正美
(いわた・まさみ日本女子大学教授)
by jpflege | 2011-01-23 09:04 | 029 Social P.
<< P 7785 人を語り、介護を... P 7783 池田信夫:資本主... >>