人気ブログランキング |
<< P 7331 ASEAN+3保... P 7329 在宅ホスピスケア... >>

P 7330 講義(第7講)で行った復習問題の解答

担当している「現代社会と福祉」(旧カリ「社会福祉概論」)第7講(2010.11.11)に実施した復習問題を先にアップしています。(P7249)

以下は、その問題文と解答(誤っているものにコメントをした)です。
*講義では、第8講(2010.11.25)で配布します。

*          *          *          *

1 最初の社会保障法(1935年)は、アメリカでニューディール政策を実行したルーズベルト(Roosevelt,F.)大統領の政権下で成立した。

2 アメリカではニューディールの一環として、公的扶助、失業保険、医療保険、福祉サービスの4本柱を内容とする社会保障法(1935年)が制定された。
→医療保険は含まれなかった。問題1と同じテーマ。

3 チャールズ・ブース(Booth,C.)の『ロンドン民衆の生活と労働』における分析では、ロンドンの民衆が貧困となった原因で2番目に多いのは「環境の問題」であることが判明した。

4 20世紀、べヴァリッジ(Beveridge,W.)は報告書『社会保険と関連サービス』をまとめ、任意保険の余地も残しつつ、公的な所得保障制度の確立が必要であると主張した。

5 エスピン―アンデルセン(Esping-Andersen,G.)は、社会民主主義的な福祉国家でもなく、サッチャリズムに象徴される市場原理主義でもない「第三の道」という考え方を提唱して、イギリスのブレア政権の福祉政策の在り方に影響を与えた。
→ギデンス(問題7と人名入れ替えた)

6 ドイツには、年金保険、医療保険、労働災害保険、失業保険及び介護保険の5つの社会保険制度がある。

7 アンソニー・ギデンズ(Giddens,A.)によれば、自由主義レジームの特徴は、社会保障制度に占める選別主義的制度の割合が高く、福祉の受給には強いスティグマ感を伴うことである。
→アンデルセンによる社会保障のタイプ分け。問題5と人名を入れ替えた。

8 日本では、社会保険制度は、はじめに公的年金制度、次に医療保険制度の順で整備されていった。
→医療保険(1926)年金保険(1941)

9 日本では1938年に厚生省が設置され、また、私設社会事業への届出義務、改善命令、監督・指示、寄付金募集、補助等を定めた社会事業法が制定されている。

10我が国において公的社会保険制度と呼ばれるものは、年金、医療、労働者災害補償、雇用の4つである。→介護保険あり。問題6参照。
by jpflege | 2010-11-15 09:03 | 904 現代福祉
<< P 7331 ASEAN+3保... P 7329 在宅ホスピスケア... >>