人気ブログランキング |
<< P 6149 現代社会と福祉 ... P 6147 岡本悦司 ドイツ... >>

P 6148 台 豊 社会連帯原理 2007

HP 新潟大学

19ページ

わが国の社会保障法学においては、長年、憲法25条を根拠とする「生存
権原理」が、立法や法解釈を領導する単一の基本原理として位置付けられ、
これに基づく規範的な研究や議論が行われてきた。これに対し、1980年代
半ば以降、高藤昭が「社会連帯原理」を生存権原理と相並ぶ「社会保障法
の基本原理」と位置付け、いくつかの注目すべき論考を発表している。
しかしながらこの高藤説に対しては、後述のように一定の評価がある一方
で、強い批判も寄せられており、その後の理論展開も必ずしも活発ではな
い。
by jpflege | 2010-08-08 07:50 | 904 現代福祉
<< P 6149 現代社会と福祉 ... P 6147 岡本悦司 ドイツ... >>