<< P 5102 Amnesty ... P 5100 いろいろアップし... >>

P 5101 湯浅 典人(2006年)

文京学院大学

*14ページ

ソーシャルワーク(社会福祉)
大学院教育の現状と展望

大学院の教育内容については,文部科学省や日本社会福祉教育学校連盟によるガイドライン
の提示やアクレディテーションがなされてこなかった。カリキュラム編成や学位名称の決定は
各大学の自主性に委ねられ,いわば自由放任の状態が続いてきている。その結果,教育内容の
多様化が進んでいる。そのカリキュラムを分析すると,従来型(伝統型),ソーシャルワーク
型,隣接複合型の3類型に分けることができる。隣接複合型とは,医療,保健,社会学,心理
などの他分野との複合によってカリキュラムを編成している課程のことであり,おもに1990年
以降に設立されている。このような状況に対して,大学院教育は果たしてソーシャルワーク
(社会福祉学)を修めたといえるだけの水準に達しているのか,ソーシャルワーカーとしての
アイデンティティを獲得させることができているのか,といった疑問も出されている。
本稿では,ソーシャルワーク(社会福祉)大学院教育の現状を概観し,その課題を明らかに
したうえで,将来像を提案する。
[PR]
by jpflege | 2010-05-29 10:02 | 006 social work
<< P 5102 Amnesty ... P 5100 いろいろアップし... >>