人気ブログランキング |
<< P 3901 脇役人生 P 3899 わが命つきるとも... >>

P 3900 ユートピア(トーマス・モア)1516年

ユートピア

タイトルは直訳すれば「共和国の最高の州の、そしてユートピア新島の、楽しいのと同様に有益な、真実の金の小著」となるが、伝統的には『社会の最善政体とユートピア新島についての楽しく有益な小著』と訳される[2]。 (タイトルを参照) 『ユートピア』はラテン語で書かれており、その内容は主に、虚構の島の社会、宗教、社会的政治的習慣について述べた枠物語である。

現代人が「ユートピア」という言葉の響きから受けるイメージにもかかわらず、トマス・モアがこの本で語った社会とは、実際には決して「完全な社会」ではないと、広く受け止められている。 むしろ、想像上の土地の通常とは違った政治的考えと、現実世界での混沌とした政策とを対比して、ヨーロッパの社会問題について議論するための、政策要綱とすることをモアは望んでいた。

*岩波文庫、中公文庫がある。
英訳を購入した記憶がある(ペンギン文庫か)。読みきった記憶はない。

P3898 P3899 P3900 は、関連項目です。

このような優れた著作を読んでいない。残り少ない持ち時間をこのような著作を読むことにあてたいものだ。
読みたい時間ができたときには、気力・体力、そして何より経済力がなくなっているだろう。

*図書館の近くに住むのが一番。
b0188237_2535752.jpg

「鹿児島散歩」2010.02.27より。雨で桜島は見えなかった。

*P3800 2010.02.20 でした・・・
by jpflege | 2010-02-28 02:46 | 309 essay
<< P 3901 脇役人生 P 3899 わが命つきるとも... >>