人気ブログランキング |
<< P 3483 For and ... P 3481 ドイツ家庭大臣 ... >>

P 3482 「第3494号」の解答です

社会福祉士国家試験直前おさらいシリーズ
「坂之上の昼下がり」第3494号の解答:

解答は、順に 4 5 1 です。
*今回の問題は、順に、第21回試験の、問題104 問題105 問題102 を使っています。

問題1 児童福祉法第27条第1項第3号に基づく措置の対象となる施設
→4 
1 母子生活支援施設
2 助産施設
3 保育所
4 児童養護施設
5 児童家庭支援センター

問題2 児童相談所に関する問題
×1 一時保護期間は原則として2か月を超えてはならない。
×2 家庭裁判所は、親権を行う者及び未成年後見人にない児童等について未成年後見人の指名をすることができる。
×3 厚生労働大臣は、その管轄区域内の児童委員の中から主任児童委員を指名することができる。
×4 児童福祉司は、調査に当たって、担当区域内の市町村長に協力を求めることができる。
○5 児童相談所長は、親権喪失の宣告の請求を行うことができる。

問題3 里親制度に関する問題
○1 里親には、養育里親、親族里親、短期里親、専門里親の4種類がある。
×2 里親の認定は、都道府県知事が行う。
×3 専門里親は、虐待を受けた子どものみを養育する。
×4 養育里親は、児童と養子縁組することを目的として児童を養育する里親である。
×5 短期里親への委託期間は、1年を超えることができない。
by jpflege | 2010-01-28 01:16 | 820 Ex. SW
<< P 3483 For and ... P 3481 ドイツ家庭大臣 ... >>