人気ブログランキング |
<< P 3461 アメリカ:大学生... P 3459 ニッセイ基礎研究... >>

P 3460 「社会福祉概論」と「社会福祉士」のあいだ

イメージをつかむ10問
これらを念頭に2年・3年・4年と学べば、社会福祉士の国家試験はOKです。

問題1 わが国の高齢化や社会保障給付に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 2006年度で、社会保障給付費が国民所得に占める割合は20%を上回っている。
2 各部門別給付費の構成比は、2006年度で年金53%、医療32%、福祉その他15%となっている。
3 社会保障給付の財源は、社会保険と公費が中心であるが、公費の額は2006年度で30兆円程度である。
4 2006年度の一人当たり社会保障給付費は、約7万円である。
5 イギリス、フランス、スウェーデンは、2006年では高齢化率20%を越えていない。

問題2 各国の社会保障制度に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 スウェーデンの社会保障給費の対GDP費は、ドイツよりも低い。
2 フランスでは、年金保険及び医療保険ともに、種々の制度が分立し、金庫と呼ばれる管理運営機構が運営を行っている。
3 ドイツには、年金保険、医療保険、労働災害保険、失業保険及び介護保険の5つの社会保険制度がある。
4 アメリカでは高齢者向け医療保険制度(メディケア)と低所得者向け医療扶助制度(メディケイド)を除けば、全国民を対象とした公的医療保障制度は存在しない。
5 イギリスの社会保険は、全国民を対象として、年金、失業、疾病等に係る現金給付を総合的に行う国民保険制度に一元化されている。

問題3 日本社会福祉士会の「社会福祉士の行動規範」に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 社会福祉士は、利用者と私的な関係になってはならない。
2 他の社会福祉士が非倫理的な行動をとった場合、必要に応じて関係機関や日本社会福祉士会に対し適切な行動をとるよう働きかけなければならない。
3 利用者の自己決定が重大な危険を伴う場合、あらかじめその行動を制限することがあることを伝え、そのような制限をした場合には、その理由を説明しなければならない。
4 事例研究にケースを提供する場合、人物を特定できないように配慮し、その関係者に対し事前に承認を得なければならない。
5 社会福祉士は、利用者の記録を開示する場合、本人の了解を得なくて良い場合がある。

問題4 次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 社会福祉及び介護福祉士法によれば、介護福祉士は、その業務を行うに当たって、要介護者に主治の医師があるときは、その指導を受けなければならない。
2 精神保健福祉士法によれば、精神保健福祉士は、その業務を行うに当たって、精神障害者に主治の医師があるときは、その指導を受けなければならない。
3 社会福祉士及び介護福祉士法によれば、社会福祉士が信用失墜行為をした場合には、1年以下の懲役に処されると規定されている。
4 社会福祉士及び精神保健福祉士は、その名称を用いて業務を行う場合には、厚生労働省に備える各々の登録簿に登録し、厚生労働大臣により法人として認可された各々の職能団体に加入することが法律で定められている。
5 介護福祉士は、利用者自身がしていたインスリンの注射を利用者から依頼され場合、実施することができる。

問題5 次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 ウェッブ夫妻(Webb.S.&B.)は、「産業民主制論」の中で、産業効率の向上の視点からナショナル・ミニマムを提唱し、その目的は産業上の寄生の弊害に対して社会を保護することにあると述べた。
2 ブース(Booth, C.)は、ロンドンにおいて貧困調査を行った。                       
3 ベバリッジ(Beveridge, W.)は、『社会保険と関連サービス』の中で、保険給付が権利として与えられるものであると主張した。
4 ハイエク(Hayek, F.)は、『法と立法と自由』の中で、救済は、市民としての身分の付随する法で定められた権利であり、「正義にかなう」所得分配を保証する狙いと合致したものであると論じた。
5 マーシャル(Marshall, T.)は、「市民資格と社会的階級」という論文の中で、20世紀に市民資格の地位に社会権を組み入れたことは、社会的不平等の全パターンを修正する試みであったと述べた。

問題6 我が国の社会保障給付費に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 社会保障給付費の収入に占める保険料の割合は、全体の80%に達している。
2 社会保障給付費は、既に140兆円程度に達している。
3 社会保障給付費のうち高齢者関係給付の割合は、70%程度である。
4 社会保障給付費の部門別推移を見ると、1980年度から2000年度までは医療より年金の方が大きかったが、その後、高齢化が加速し年金より医療の方が大きくなった。
5 政府の社会保障財政引き締めの政策による効果もあり、社会保障給付費の伸び率は2004年度以降マイナスとなっている。

問題7 社会保障の歴史に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 ドイツのビスマルクが創設した疾病保険制度(1883年)は、すでにそのころにドイツの地域や民間企業に普及していた金庫制度を国営保険の仕組みとして活用した。
2 アメリカの社会保障法(1935年)は、大恐慌による国民の経済不安に対処する一環として、ニューディール政策を推進していたルーズベルト大統領の下で成立した。
3 ILO(国際労働機関)が発刊した「ILO社会保障への途」(1942年)では、新しい社会保障としてニュージーランドが1938年に創設した包括的な社会保障法の方式を推奨している。
4 イギリスのベヴァリッジ報告(1942年)では、社会保険の原則として応能拠出、報酬比例給付の原則が打ち立てられた。
5 アメリカの社会保障給付費の対国民所得比は、スウェーデンやドイツなどに比べて低水準である。

問題8 介護保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 介護保険の収入および支出に関する特別会計の設置は、市町村及び特別区の任意とされている。
2 第2号被保険者は、年齢要件のほかに、市町村又は特別区の区域内に住所を有する医療保険に加入する者となっている。
3 市町村又は特別区は、被保険者から新規に要介護認定の申請があったときは、その調査を居宅介護支援事業者等に委託できることとされている。
4 第2号被保険者のうち要介護者又は要支援者として認定を受けることができる特定疾病として、5つの疾病が指定されている。
5 市町村又は特別区は、その一般会計において、介護給付及び予防給付に要する費用の額の3分の1に相当する額を負担する。

問題9 介護保険制度に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 介護保険の被保険者には、40歳以上65歳未満の第2号被保険者と65歳以上の第1号被保険者とがある。
2 65歳以上で生活保護を受けている者は、介護保険の保険料が負担できないため、介護保険の被保険者とはなれない。
3 第2号被保険者が介護保険給付を受けるには、たとえ要介護状態にあっても、それが政令で定めた特定の疾病が原因で生じたものでなければならない。
4 介護保険では、居宅サービスに要した費用の1割を本人が負担するが、その中には居宅介護サービス計画費は含まれない。
5 平成17年の介護保険法の改正で、施設介護サービスの給付から、食事の提供に要する費用、居住に要する費用その他の日常生活に係る費用が除かれることになった。

問題10 日本社会福祉士会の倫理網領(2005年)に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 社会福祉士は、利用者に必要な情報を適切な方法・わかりやすい表現を用いて提供し、利用者の意思を確認する。
2 社会福祉士は、相互の専門性を尊重し、他の専門職などと連携・協働する。
3 社会福祉士は、すべての調査・研究過程で利用者の人権を尊重し、倫理性を確保する。
4 社会福祉士は、人々をあらゆる差別、貧困、抑圧、排除、暴力、環境破壊などから守り、包含的な社会を目指すよう努める。
5 社会福祉士は、自分が属するサービス提供組織の経営方針について、倫理上のジレンマが生じるような場合、当該組織の管理者のスーパービジョンを積極的に活用し、倫理上のジレンマを解決しなければならない。
by jpflege | 2010-01-26 14:15 | 820 Ex. SW
<< P 3461 アメリカ:大学生... P 3459 ニッセイ基礎研究... >>