P 0020 ドイツ Pflegestudium

しいて意訳すると、

「ドイツ介護研究基礎機構」といった感じですが・・・

Übersicht über Pflegestudiengänge in Deutschland

内容については、順次紹介していきます。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-28 17:09 | 005 pflege Ⅱ

P 0019 ドイツ介護福祉学会

日本語の訳が適当かどうかわからないが、

Deutsche Gesellschaft für Pflegewissenschaft e.V.

がある。

DGP と略称されている。

学術誌を発行している。

*ごく簡単だが、英訳がついている。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-28 16:58 | 005 pflege Ⅱ

P 0018 Pflegewissenschaft

ドイツ語圏では、

日本語の「介護」に近い概念は、pflege である。

ドイツ語のwikipediaは、(日本語版に比較して)かなり丁寧に書かれています。

Pflegewissenschaft

では、
1 この学問の範囲
2 歴史
3 課題
4 研究者
5 研究機関
6 関連項目
7 文献
8 ウェブサイト

が挙げられている。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-28 16:49 | 005 pflege Ⅱ

P 0017 世界各国の老年学会

世界各国の老年学会 

のリンク集です。

*英語のサイトは意外と少ない。
*古いものがある。(つながらない)
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 13:55 | 009 gerontology

P 0016 LSE

Departmnet of Social Policy

は、
LSE ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス
のソーシャルポリシーに関する学部です。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 13:52 | 029 Social P.

P 0015 日本介護福祉学会

日本介護福祉学会

は、

介護福祉士資格ができてから、一番はじめに結成された。

その後、
介護福祉士資格所有者に会員を限定した

日本介護福祉士会

ができている。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 13:46 | 003 介護福祉教育

P 0014 日本老年社会科学会

日本老年社会科学会 は、

日本の老年学研究の中心的な役割を担っています。

アメリカの老年学の影響が強い。

心理学、社会学からのアプローチが多い。
社会福祉学からの参画は多くはない。介護福祉学となると、ぐっと少ないですね。

リンク集がよくできています。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 13:39 | 009 gerontology

P 0013 桜美林大学大学院 

桜美林大学大学院 老年学研究科

は、

大学院大学で

日本では、「老年学」gerontologyを標榜している唯一の大学院です。

アメリカのgerontologyの強い影響下にあります。このカリキュラムでは、「看護」や「社会福祉」は出てきますが、「介護」という表現は無いようです。「ケア」はあります。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 09:31 | 009 gerontology

P 0012 CQC

CQC

は、

Care Quality Commission

で、イギリスにおけるhealth and social care を監視している。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 09:19 | 007 social care

P 0011 GSCC

GSCC

は、

General Social Care Council

で、social care worker の行為を規制し、訓練を行っている。

ここでの social care には、social worker も含まれており、その内容を詳しく確かめたい。

*日本における社会福祉士と介護福祉士との関係への示唆
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 09:15 | 007 social care

P 0010 SCIE

SCIE

は、

The Social Care Institute for Excellence

で、2001年に創設された。

高齢者だけではなく児童などを含むsocial care services の向上をねらいとしている。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 09:10 | 007 social care

P 0009 MDS

MDS

は、Medizinischer Dienst des Spitzenverbandes Bund der Krankenkassenn e.V.
です。

ドイツ医療保険の保険者である疾病金庫の医療面を総括しています。

介護保険の相談、介護保険のサービスの質の維持も担当しています。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 08:43 | 407 Gesundheits

P 0008 アメリカの老年学

高齢者に関する体系的な研究は、NIAの創設による。1974年。

National Institute on Aging

初代所長:ロバート・バトラー。

NIHの研究施設群の一角にある。

アメリカ英語では、care 以外には、「介護」に近い概念はないが、このgerontology が中心概念である。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 08:08 | 009 gerontology

P0007 Vallendar 大学 介護学部(ドイツ)

介護学部

に、概要がアップされています。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 06:50 | 005 pflege Ⅱ

P 0006 social care

詳しく勉強したわけではないが、

イギリスにおけるsocial care 概念を見ると、日本でも、これからはこのsocial care 概念が重要になってくるように思われる。

最大のポイントは、
social work と social care との関係付けである。

日本においては、将来、社会福祉士と介護福祉士の関係付けが課題となってこよう。
それに関連して、「社会福祉学」と「介護福祉学」との関係付けも再検討を迫られるだろう。

そのときの議論は、現在のイギリスのsocial work と social care の関係を見ればすこしは参考になるのではないか?
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 04:18 | 007 social care

P0005 PFLEGE の概念

ドイツのpflege と日本の介護の重なり具合。

Altenpflegerと介護福祉士との重なり具合はかなり大きいのでは?

介護概念の最大のポイントである看護との関係付けを考察するには、ドイツのpflegeの検討が欠かせない。

wikipediaドイツ語版では、

Pflege

概念を説明するための関連項目をあげています。

順次とりあげていきます。

P 0018 Pflegewissenschaft 「Pflege」学
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 04:11 | 004 pflege Ⅰ

P 0004 介護に関連する概念

介護概念を明確にするために、
「介護」が、英語(国際語)及びドイツ語ではどのような内容を持つものかを調べる。
・「英語」については、さしあたりsocial care の概念を調べる。(イギリス)
・「ドイツ語」については、当面、ドイツ連邦共和国における用語事例pflegeを調べる。

→2008年ドイツ看護師法改正に注意(P 0238)

「介護」の日本語としての分析。
・介護福祉との関係
・看護との関係
・介助との関係


「介護福祉士」に関する実定法的な内容
・社会福祉士及び介護福祉士法
・介護福祉士養成のカリキュラム
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 03:54 | 002 介護福祉

P0003 VALLENDAR 大学

ドイツでは、

社会福祉学に相当するソーシャルワークを教える大学は、Hochschule である。

介護福祉学Pflegewissenschaft を名乗る大学は、

いまのところ、Vallendar大学のみのようだ。
Philosophisch-Theologische Hochschule Vallendar
(直訳:バレンダール哲学・神学大学)

PTHV

がアドレス。


学部が、Theologie  と Pflegewissennschaft の2つである。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-27 03:24 | 005 pflege Ⅱ

P0002 dip ドイツ応用介護研究所

dip

Das Deutsche Institut foer abgewandte Pflegeforschung

のアドレスは

ドイツ応用介護研究所

です。

この研究所の活動内容の紹介を少しづつ進めます。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-26 23:23 | 005 pflege Ⅱ

P 0001 介護福祉学への新たな挑戦

藤本一司の『介護の倫理』を読む。

石川 彪氏の研究報告を読み、ドイツの介護福祉学について本格的に研究する必要を痛感する。

いま、
「坂之上の昼下がり」というブログを書いていますが、これは一般向けのものです。

今日から、これまでの「坂之上の昼下がり」と併行して、専門的なレベルの情報を「坂之上の夜明け」としてストックしていこうと考えました。
[PR]
# by jpflege | 2009-05-26 22:45 | 001 method