カテゴリ:301 Cabinet( 31 )

P 7504 民主党:税と社会保障 中間報告

民主党サイト

*P7488 2010.12.06 の詳報

DPI

藤井裕久「税と社会保障の抜本改革調査会」会長、大串博志同事務局長は6日、首相官邸で、仙谷由人官房長官に「税と社会保障の抜本改革調査会『中間整理』」(下記ダウンロード参照)を手交した。野田佳彦財務大臣、玄葉光一郎国家戦略担当大臣、古川元久、福山哲郎両官房副長官、峰崎直樹内閣官房参与も同席した。

 手交後、藤井会長は党本部で会見を行い、同調査会が10月に発足、大前提として(1)税金のムダづかい根絶を徹底するとともに、将来の社会保障の姿とその場合の国民負担を明らかにしたうえで、国民の判断を得なければならないという「原点に戻ること」、(2)社会保障の全体像としての骨格をつくること――を基本理念に据えたと説明。税制改正プロジェクトチームとは別に、もう少し長い目で「税と社会保障」という観点で議論してきたと述べた。

以下、中間報告の冒頭部分:

2010 年12 月6日
税と社会保障の抜本改革調査会「中間整理」

1.社会保障を取り巻く社会・経済情勢の変化

現在、多くの国民が我が国の社会保障に対して不満・不信・不安を抱いてい
る。それは政治や行政自体に対する不信、各種の社会保障制度の運用に対する
不満によるものもあるが、最も大きな原因は社会保障制度が近年の社会や経済
情勢、国民の価値観やライフスタイルの変化に適合していないことである。
我が国の社会保障制度、特に従来の社会保障の中核である年金、医療が整備
された1970 年代前半は、我が国経済に高度成長期の余韻が強く残り、出生率は
2.0 を超え、若年層が多く、高齢者が少ない人口構成であった。また、何より家
族、地域の支え合いが機能すると同時に、有能な人材を確保する目的から企業
が積極的にセーフティネットの機能を強化している時期であった。
この時期に基盤を形成した社会保障制度は、人口増、経済成長やそれによる
税収の大幅な伸びを見込み、家族や企業のセーフティネット機能を前提にして
いる。そのため、我が国は、財政面も含めて比較的小さな社会保障制度にとど
めることができたとも言える。

・・・・以下、ダウンロードできます。(11ページ)
[PR]
by jpflege | 2010-12-08 15:47 | 301 Cabinet

P 7488 民主党 岡田幹事長 定例記者会見(12月6日)

民主党サイトより:

岡田克也幹事長は6日夕、党本部で定例会見し、「臨時国会が閉会して、これから税制改正、予算編成という与党として非常に重要な仕事を行わなければならない」としたうえで、同日行われた常任幹事会において平成23年度予算にかかわる民主党「提言」、平成23年度税制改正主要事項にかかる提言、税と社会保障の抜本改革調査会「中間整理」、「防衛計画の大綱」見直しに関する提言、平成23年度予算編成予算要望――の5本について審議し党としての了承を行ったところだと報告した。

 「こういった党としての提言が、政府の最終的な税制改正、予算案にしっかりと盛り込まれるように努力をしていきたいと思っている」と語った。

*詳細の内容は、いまのところサイトにはアップされていない。(ブログ管理者)
[PR]
by jpflege | 2010-12-06 20:34 | 301 Cabinet

P 7459 民主党 税と社会保障の抜本改革調査会

民主党サイト

税と社会保障の抜本改革調査会(会長:藤井裕久衆院議員)の総会が2日午後国会内で開かれ、税と社会保障の抜本改革に関する「中間とりまとめ」の案文が議論され、若干の修文を除き確認された。

 冒頭、藤井会長が、「過去10回の勉強会、6回の総会を開いた。それに基づいてとりまとめてきた。昨日の意見を入れて修正した」と挨拶した。

 次に、大串博志事務局長が修正部分を中心に案文を説明。各議員からは、介護保険について現物給付と現金給付の選択制、個人単位の社会保障、参加する社会保障制度などさまざまな意見が出された。

 これらの意見を踏まえ、修文については、事務局長、会長代理、会長に一任された。

 この中間とりまとめは、税と社会保障の抜本改革は一刻の猶予もないとの認識に立ち、全世代を通じた安心の確保を、一人ひとりの居場所と出番をつくり、納得の得られる社会保障を目指す民主党の社会保障に関する総論部分に当たるもの。社会保障の財源としては消費税を重要なものと位置付け、逆進性への配慮として還付付消費税導入を提言している。
[PR]
by jpflege | 2010-12-03 05:44 | 301 Cabinet

P 7318 社会保障番号に関する検討

内閣府のサイトから

2010.11.11 の会議の資料がアップされています。

HP


社会保障・税に関わる番号制度に関する実務検討会
第1回


日 時 : 平成22年11月11日(木)
17:15~(所要30分程度)
場 所 :  官邸 3階南会議室
議 題 :

・「社会保障・税に関わる番号制度に関する検討会 中間とりまとめ」
 (平成22年6月29日)意見募集結果について
・当面の取り組み等について


配付資料:
(資料1) メンバー一覧
(資料2) 議事次第
(資料3) 「社会保障・税に関わる番号制度に関する検討会 中間取りまとめ」(平成22年6月29日)
(資料4) 「社会保障・税に関わる番号制度に関する検討会 中間取りまとめ」に対する意見募集の結果について
[PR]
by jpflege | 2010-11-14 15:26 | 301 Cabinet

P 7317 民主党の各省政策会議は行われていない。

民主党のサイトから。

2010年6月以降は
各省行われていない。

厚生労働省についても行われていない。

厚生労働省政策会議

鳴り物入りではじめられたものだったが。

*第18回(2010.05.26)以降、5ヶ月以上開催されていない。

これによって、
政治の主導による政策の検討は、実際上は行われていないことがわかる。

政調会の各部会のようなところで行われているのだろうか。不明。
[PR]
by jpflege | 2010-11-14 15:19 | 301 Cabinet

P 7274 民主党 部会の活動

民主党サイトから

HP

*社会保障関係でも、重要な会議が行われている。その審議内容をもっと公開して欲しいですね。(ブログ管理者)

◆11/11(木)
 8:00 地域主権調査会総会/衆2-地下2階 民主党B会議室
 8:00 子ども・男女共同参画調査会/衆2-地下2階 民主党A会議室
 8:15 成長戦略・経済対策PT総会/参-地下1階 B107会議室
 8:30 財務金融部門会議/衆2-地下1階 第1会議室
 8:30 農林水産部門 果樹・野菜対策WT/衆2-地下1階 第4会議室
 9:00 介護保険制度改革WT/参-1階 101会議室
16:00 死刑制度検討WT/参-1階 102会議室
16:00 税と社会保障の抜本改革調査会/衆1-国際会議室

◆11/12(金)
 8:00 文部科学部門会議/衆2-地下2階 民主党A会議室
 8:00 決算部門会議/衆2-地下1階 第5会議室
 8:00 消費者問題PT会議/衆2-地下2階 民主党B会議室
 8:00 税制改正PT総会/衆2-1階 多目的会議室
11:00 新しい公共調査会/衆2-地下2階 民主党C会議室
12:00 防衛部門会議/衆2-地下2階 民主党A会議室

◆11/15(月)
17:00 税と社会保障の抜本改革調査会/衆1-国際会議室

◆11/17(水)
17:00 高齢者医療制度改革WT/衆-院内 第14控室

◆11/18(木)
 8:00 法務部門民法債権法検討WT/参-地下1階 B105会議室

◆11/24(水)
17:00 高齢者医療制度改革WT/衆2-地下1階 第一会議室
[PR]
by jpflege | 2010-11-11 04:12 | 301 Cabinet

P 6231 アメリカの場合:大統領を支える経済諮問組織群

非常に工夫された幾つかの組織・官職が大統領の経済政策の判断を支えている。

マンキュー教授のブログ2010.08.10がリンクしている記事から再録。

keith hennessey 2010.08.08

White House staff
Let’s begin with some formal organization that is broader than just the economic team. Within the Executive Branch there is a bureaucratic structure called the White House Office (WHO) and another called the Executive Office of the President (EOP).

The White House Office is a subset of the EOP. Most of the names you know and the people you see on TV and in the press labeled as “White House staff” work in the White House Office:
[PR]
by jpflege | 2010-08-13 18:09 | 301 Cabinet

P 5540 国家戦略室HP

NPU

国家戦略室って何?

国家戦略室は、政治主導の政策決定を実現するため、縦割り行政を打破し、総理のリーダーシップの下に新時代の総合的な国家ビジョンを打ち出していくことを目的として内閣官房に設置された総理直属の機関です。具体的には、「税財政の骨格」、「経済運営の基本方針」のほか、内閣の重要政策に関する基本的な方針等のうち内閣総理大臣から特に命ぜられたものに関する企画・立案や、政府全体の総合調整を任務としています。国家戦略室と行政刷新会議は政策や予算の優先順位を決定し、新しい社会を創り出す車の両輪、共同のエンジンとしての役割を果たしています。

誰が働いているの?

国家戦略室は、官と民の双方から成る新しいチームです。現在(22年6月8日)、官僚出身のスタッフ18名、民間出身のスタッフ13名の計31名が国家戦略室で働いています。これからの日本の国家戦略を作り上げるために、改革意欲を持ち、あらゆる課題に機敏に対応できる能力を備えたメンバーが、チームを組みながら働いています。

どこで仕事をしているの?
総理官邸に隣接する、内閣府本府庁舎の2階で仕事をしています。総理直属の機関としての国家戦略室に相応しく、いわば総理のお膝元ともいえる場所で仕事をしています。
[PR]
by jpflege | 2010-07-01 21:34 | 301 Cabinet

P 5486 富山市長 森 雅志

森 雅志

*2010.06.25 BSフジでゲスト出演。

富山中部高校の後輩ということに。昭和27年生まれ。
[PR]
by jpflege | 2010-06-26 12:05 | 301 Cabinet

P 5309 菅総理大臣所信表明 2010.06.11

動画 39分
[PR]
by jpflege | 2010-06-12 09:10 | 301 Cabinet