カテゴリ:222 発達障がい( 27 )

P 6006 山本真生子 成人発達障害の支援

レファレンス 714号 2010-7月

22ページ

発達障害は、うつ病、ニート・ひきこもり、不安定就労、いじめ、児童虐待等、様々
な社会問題の一因となっており、発達障害に対する社会的関心も急速に高まっている。し
かし、政策的取組みは現状に追いついていない。とりわけ、発達障害児の問題に比べ、成
人の発達障害の問題は今なお社会的認知に乏しく、支援も不十分である。本稿では、平成
20 年12 月に行った現地調査に基づき、成人発達障害者支援の先進的・ユニークな事例を
紹介し、わが国における今後の支援のあり方について考察する。
[PR]
by jpflege | 2010-07-27 05:54 | 222 発達障がい

P 5037 ニュージーランドで障害者割引の拒否

NZ Herald 2010.05.26

Disabled man's bus pass rejected

The concession card, bearing the logo of the Auckland Regional Transport Authority (Arta), says the bearer is entitled to "discount travel" when paying by cash or buying a multi-ride ticket.

But 15 times NZ Bus drivers have refused to give Mr Edge a discount.

On two of those days he didn't have enough money for a full fare and was put off the bus in the central city, forcing him to call his mother to come and pick him up.

Mr Edge, 26, has an intellectual disability and has limited speech so he was not able to challenge the drivers.
[PR]
by jpflege | 2010-05-26 09:45 | 222 発達障がい

P 4339 障害児支援:内閣府

内閣府

障がい者制度改革推進会議 第6回 2010.03.30資料 
[PR]
by jpflege | 2010-04-04 11:41 | 222 発達障がい

P 4333 mencap

mencap

Mencap is the voice of learning disability

Every day, we support thousands of parents, carers and people with a learning disability to lead a full and valued life.
[PR]
by jpflege | 2010-04-04 09:58 | 222 発達障がい

P 4204 「基礎編」で「療育」を取り上げた記事

「坂之上介護福祉研究会」(基礎編)で、「療育」をとりあげた記事のうち、主なものは次の4件です。

いずれも、当時修士課程に属していた院生Aさんの研究テーマに関する記事です。


第3315号

第3296号

第2867号

2008.06.18
[PR]
by jpflege | 2010-03-25 05:08 | 222 発達障がい

P 4203 科学研究費補助金からみた「療育」

「療育」をキーワードの含む科学研究費補助金は、これまでで318件ある。

これらは、
医学、心理学、教育学、工学など多様な方法論によって行われている。

「社会福祉学」「ソーシャルワーク」をキーワードに含むものは皆無であるが、以下の6件の研究はソーシャルワークという視点から検討に値すると思われます。

川池智子

宮崎(青木)梨恵

中川 薫

七木田 敦

杉山登志郎

加来和子
[PR]
by jpflege | 2010-03-25 04:55 | 222 発達障がい

P 4202 アメリカの早期療育ハンドブック

Bonnie keilty 2009

Table of Contents
1 What is early intervention? 7

2 The child's way : everyday learning and development 19

3 For the family, for the child 37

4 The child, important people, and particular places 52

5 What and why, where and when, who and how : planning early intervention supports 72

6 A partnership : learning together 89

7 Joining the community 109

8 Making it all make sense 117

9 Considering now - and later 132

10 Family-professional partnerships going forward 145
[PR]
by jpflege | 2010-03-24 18:43 | 222 発達障がい

P 3945 星野仁彦

発達障害に気づかない大人たち 詳しい目次を読めます。

すでにネット上で多くの感想・批判があります。
私は、専門ではないのですが、3つリンクします。


ブログ その1

この手の本を何冊読んでも、問題解決にならないのだが・・・・
わたしの住む地方に診断ができる医者がいない。
この著者の病院に行くには遠すぎる。
東京に二箇所ばかりあるのを見つけたが、予約は一杯で診断がつくのに3・4ヶ月かかりそうだし、やはり遠すぎる。
しかも治るわけではない。


ブログ その2

発散障害って子供の病気と思っていた。
実際は違っていたんだねぇー
びっくりしたのは本を書いている医者である著者が発達障害だったことだ
片付けられない人たち…
遅刻を繰り返す人…
同じ失敗を言われてもする人…
みな発散障害かもしれない
この本を読んでいて怖くなった
自分もそうでないのかなって感じる

ブログ その3

こういう本を読むと、PDD(広汎性発達障害)に関する研究は世界中で行われていて、 研究は進みつつあるのだ・・という思いを非常に強くする。絶望するには早いのかもしれない。実際に日々、臨床に当たっている精神科医(しかも当事者)の書いた1冊ですから、事情に通じていて、 当事者が抱えがちな悩みについて、懇切丁寧に回答してある印象を受けた。

絶対のお勧めです。
[PR]
by jpflege | 2010-03-04 04:43 | 222 発達障がい

P 3361 鳥海順子 山梨大学

鳥海順子

教育実践学研究14、2009

我が国では,2007 年度に義務教育段階における特別支援教育の体制整備が一応完了し,今後その充実が期待されている。就学前の特別支援教育については,文部科学省の「発達障害早期総合支援モデル事業」が開始され,山梨県教育委員会においても2007 年と2008 年の2カ年にわたりモデル地域を指定して実施している。特に,乳児期から関わりの深い保健所等との連携を強めながら,乳幼児期から特別な発達ニーズを把握し,早期支援に確実に引き継がれていく方法が検討されている。

米国では既に障害児の早期介入に関して,1963 年のPL88-156 法で診断とスクリーニングの実施や妊婦と就学前幼児のケア・プログラムが制定されている。さらに,1986 年にはPL99-457 法(早期介入法)によって「乳幼児からの包括的なサービス」が整備され,家族への支援が強化された。1990 年のPL101-476 法では「全障害児教育法(1975 年PL94-142 法)」における教育の権利の保障範囲が拡大され,その結果,3 歳から21 歳まで個々に適した教育が無料で受けられるようになった。
さらに1997 年のPL105-17 法には,障害児家族への援助を行うために「親の訓練・情報センター」の設置等も盛り込まれた。

以上のように米国では制度,人的配置,カリキュラム,訓練プログラム,人材養成,家族支援等障害児支援に必要な項目が総合的に,かつ就学前から成人期まで整備されてきた。筆者は,これまでニューヨーク州を中心に就学前の特殊教育サービスや駐在邦人幼児に対する発達支援について報告を行ってきた((鳥海2005) [8] (鳥海2006) [9] (鳥海2007) [10] (鳥海2008) [11])。本研究の目的は,ニューヨーク州のA教育機関で実施されている就学前のレディネスプログラムについて検討し,我が国における早期療育の示唆を得ることにある。
[PR]
by jpflege | 2010-01-20 22:31 | 222 発達障がい

P 3359 小澤武司

東戸塚こども発達クリニック

院長:小澤武司

昭和61年岐阜大学医学部卒業
横浜市戸塚地域療育センター長、横浜市北部地域療育センター長を経て2008年東戸塚こども発達クリニックを開業

小児科医、発達精神科医 医学博士
子どもの心相談医、聖坂養護学校校医、日本自閉症協会評議員、横浜市自閉症児・者親の会副会長、子どもの心相談医、聖坂養護学校校医

*総合リハビリテーション(医学書院)
2009.09(第37巻第9号)より、連載「発達障害」
[PR]
by jpflege | 2010-01-20 20:33 | 222 発達障がい