カテゴリ:201 代表的介護福祉士( 50 )

P 7511 忘年会を終えて

2010.12.08

「・・・いろいろな職場の人が立場やジャンルを超えて幅広く知識や技術を交換することで、デイの職員がグループホームの職員にレクを教えたり、グループホームの職員が特養の職員に「食べやすいミキサー食」を紹介したり、机上や研修で得た知識だけでなく、まさに利用者さんに直接働きかける介護技術知識というものを交換しているのだなあと思います。

発信元となって自分の周りの利用者さんからまず幸せにしていく。

良かったから広げるね、これを続けて行きたい。・・・」
[PR]
by jpflege | 2010-12-09 15:19 | 201 代表的介護福祉士

P 7387 特養のレク

2010.11.21

「・・・お役所の監査とかでなくて偉い管理職とかでなくて「ぺーぺーの介護職員」が実際に他の現場を見に行くってことが今の介護の現場には必要なんだよ。


ぺーぺーの介護職員の意識改革が必要だってことだよ。・・・」
[PR]
by jpflege | 2010-11-21 10:20 | 201 代表的介護福祉士

P 7211 「在宅・入所相互利用」ということば

笑わせてなんぼの介護福祉士2、 2010.11.07

入所中もしっかり自立支援ケア(いわゆる認知症、歩行、排泄のケア、介助)は行う。

家族へのアプローチも行う。

そして在宅サービスとの一体化(シームレスケア)をおこなっている。週に1回、施設と在宅の一体化カンファレンスを行いつなぎ目の無いケアを継続しているということだ。



この在宅・入所相互利用という新しい「ホームシェアリング、ベッドシェアリング」の考え方は、まだまだ一般的に認知されておらず、全国でも22ベッドしか活用されていないと言う。



この施設でも7ベッドで16名のみの登録だそうだ。



1つのベッドにつき3人が個室を最大3ヶ月交替で使うことになる。



3ヶ月ベッドを使い、3ヶ月家に帰る、その間他の人がそのベッドを使う。



3人が交代して在宅・入所相互利用をおこなっている。



最後にまとめられたこの言葉。



「特養待機者が特養対象者ではない。特養入所、在宅継続の2つの道を作る」



特養は終の住処ではなくなる。



想い焦がれる在宅復帰への希望(施設介護職員なら何度も見たであろう、家に帰りたいと号泣する利用者の涙を)、そしてその道を広げることにより減少する待機者の数。



まさにこれから、日本の施設介護は変わろうとしている。



そんな温かい希望に満ち溢れて、私はこの特養を後にしたのである。


世田谷区立きたざわ苑での研修から。
[PR]
by jpflege | 2010-11-07 01:25 | 201 代表的介護福祉士

P 6836 読売新聞記事のこと

「笑わせてなんぼの介護福祉士」に関する記事が
最近における介護職の新しい活動とあわせて報じられました。

HP
[PR]
by jpflege | 2010-10-07 02:24 | 201 代表的介護福祉士

P 6790 全員が講師で全員が学ぶ人という集団

笑福会

笑わせてなんぼの介護福祉士

というブログの読者からなる集まり

8月1日の横浜でのオフ会に出席しました。
不思議なエネルギーに溢れていました。

次第に話が伝わったようです。
会長のJUNKO氏が新聞から電話取材を受けています。

とても10分では話せない・・
その内容が、深夜の記事:

笑福会がやってきたこと

です。

>「笑福会」

入会金が無料、会費や維持費が無いと言うのも、私が面倒くさいからです(笑)

勉強会はどんどん行いたいと思いますが、1日限りの明朗会計。

あたま数で割って、講師料は無し(爆)

というか全員が講師で全員が受講生。<


10月22日
神戸で、全国オフ会が開催されます。
[PR]
by jpflege | 2010-09-29 04:15 | 201 代表的介護福祉士

P 6743 「総合福祉士」「くらし療法士」構想は古くから

このところ、
神奈川県立保健福祉大学の太田貞司先生の
「ラヒホイタヤ」を学んでいますが・・

「笑ってなんぼの介護福祉士」2010.09.26

によれば、
すでに、「提言:づんこ福祉論」のなかで、

「総合福祉士」2006.02.05

「くらし療法士」2007.11.16

の提案をしているのですね!

道理で、このブログの管理者であるJUNKO氏が
太田先生の講演(勤務先の神奈川県立保健福祉大学での)をお聞きになったときに
大いに興奮されていた理由が
いまにして理解されますね。
[PR]
by jpflege | 2010-09-26 12:59 | 201 代表的介護福祉士

P 6568 秋風 氏のサイトから 99

twitlonger

On Tuesday 7th September 2010, @zunasea39 said:

reply

秋風さんのけ~すふぁいる、最後の99項目目です。

<99>生活~全ての基本となるもの~
さて、99項目目・・・・

今までは、断片的に書いてきたことについて全部を統合して書いていきたいと思います。
[PR]
by jpflege | 2010-09-08 13:05 | 201 代表的介護福祉士

P 6322 私がここ2年セミナーで言いたかったこと

2010.08.20

7年間、介護職員として働きながらレクリエーション援助を担当してきた者としての「経験」を発表してきたものです。

*スライドあり。
[PR]
by jpflege | 2010-08-20 17:17 | 201 代表的介護福祉士

P 6228 第1回 笑福会勉強会 総集編

2010.08.10

ここで「第1回笑福会報告」として、右サイドバーのカテゴリーに独立させたいと思います。
(笑福会メンバーのツイッターやブログは同じく右サイドバーにリンクしました。)


「第1回の笑福会はどんなことやっていたのかな」資料を読んでおさらいが出来ます。
[PR]
by jpflege | 2010-08-13 17:08 | 201 代表的介護福祉士

P 6154 介護の酷さと希望を知ったひと

zunasea39

2010.08.08

アジアを始め、諸外国と比較し並んで、介護職員たちが意見交換を出来る日もやってくるのかもしれない。

自由に飛び回っている介護福祉士、づんこはぱたぱた羽ばたいて


「介護福祉士」「日本の福祉に携わる者」として誇りを持ち続けている。


教科書や古いしきたりに囚われず、自由な空気で交流を続けている。


笑福会の人たちはそういう方が多いのだろうなと思う。
[PR]
by jpflege | 2010-08-08 19:28 | 201 代表的介護福祉士