カテゴリ:206 Japan( 75 )

P 7788 内閣総理大臣施政方針演説

首相官邸 2011.01.24

*演説全文
*ビデオ映像

(社会保障の充実)

 「最小不幸社会の実現」のために何と言っても必要なこと。それは、国民生活の安心の基盤である社会保障をしっかりさせることです。来年度は社会保障予算を五パーセント増加させます。基礎年金の国庫負担割合は、二分の一を維持します。また、年金記録問題の解消に全力を尽くします。医療分野では、医師の偏在解消や、大腸がんの無料検診の開始、乳がん・子宮頸がんの無料検診の継続を盛り込みました。B型肝炎訴訟における裁判所の所見には前向きに対応し、国民の皆様の御理解を得ながら早期の和解を目指します。介護分野では、二十四時間対応のサービスなど、一人暮らしのお年寄りに対する在宅介護を充実させます。子ども・子育て支援は、現金給付と現物支給の両面で強化します。三歳未満の子ども手当は月二万円に増額し、保育や地方独自の子育て支援のため五百億円の交付金を新設します。障がい者支援サービスは法改正を踏まえて拡大し、今国会には障害者基本法の改正を提案します。また、総合的な障がい者福祉制度の導入を検討します。

以下、社会保障関係が続いています。
[PR]
by jpflege | 2011-01-25 09:07 | 206 Japan

P 7661 総理大臣年頭記者会見

2011.01.04

そのためには、貿易の自由化の促進。そして一方では、若者が参加をできる農業の再生。この2つをやり遂げなければなりません。平成23年を、そうしたヒト・モノ・カネばかりではなくて、明治維新や戦後に続く、日本人全体が世界に向かってはばたいていくという、そうした開国を進めていく元年としたい。そしてこの開国を進めるためには、貧困あるいは失業といった不幸になる要素を最小化することが何よりも必要です。社会保障について、今後の不安が広がっております。昨年の参議院選挙では、やや唐突に消費税に触れたために、十分な理解を得ることができませんでしたが、今、社会保障の在り方と、それに必要な財源を、消費税を含む税制改革を議論しなければならないという、そのことは誰の目にも明らかであります。幸いにして、自由民主党も公明党も、そうした姿勢を示されております。今がまさにそのときだと思います。しっかりした社会保障を確立していくために、財源問題を含めた超党派の議論を開始をしたい。野党の皆さんにも参加を呼びかけます。

 また、若い人が学校を卒業しても仕事がない。子どもを産んでも預かる場所がない。あるいはいろいろな難病について十分な手当がなされていない。こういった問題についてもしっかりと取り組んでいきたい。私自身、特命チームをつくり取り組んでおりますが、これからもこうした不条理と思われる問題で、直接私が取り組むことがふさわしい問題については、しっかりと新たな特命チームをつくって進めてまいりたい、このように考えております。
[PR]
by jpflege | 2011-01-05 08:18 | 206 Japan

P 7627 23年度予算政府案(財務省)

2010.12.24

平成23年度予算のポイント (203kb)
平成23年度予算フレーム (68kb)
平成23年度一般会計歳入歳出概算 (103kb)
我が国の財政事情 (207kb)
公務員人件費 (98kb)

各予算のポイント
○ 内閣・司法警察・財務省予算 (1,384kb)

○ 総務省予算 (260kb)

○ 経済産業省予算、ODA(政府開発援助) (1,042kb)

○ 文教・科学技術予算 (5,286kb)

○ 社会保障関係予算 (1,104kb)

○ 農林水産関係予算 (2,508kb)

○ 国土交通省予算、環境省予算 (2,568kb)

○ 公共事業予算 (2,696kb)

○ 防衛関係予算 (1,702kb)

(参考)平成23年度租税及び印紙収入概算 (49kb)
[PR]
by jpflege | 2010-12-27 02:44 | 206 Japan

P 7575 BSフジ 藤井裕久&与謝野馨

PRIMENEWS 2010.12.17

国民負担と政治の役割

ビデオ映像

前半 16:23

後半 14:52 
[PR]
by jpflege | 2010-12-18 15:39 | 206 Japan

P 7532 友知正樹:沖縄における「基地外基地」問題

今日、キャンパスで行われたシンポジウムで、
聞く予定だったが聞けなかった表記の講演。

詳細なレジュメが印刷されていました。

(残念!)

ネット上では、以下の2点を発見しました。

沖縄国際大学 公開講座

沖縄ブログ 2008.05.22
[PR]
by jpflege | 2010-12-11 21:43 | 206 Japan

P 7447 池田信夫 JBpress

yahoo, 2010.12.01

JBpressが邦訳して紹介している英エコノミスト誌の日本特集は、人口問題に焦点を合わせている。

 ここで指摘されていることは、かねて日本でも言われてきたが、「少子化対策」と称して子ども手当で「産めよ増やせよ」を奨励したり、後期高齢者の医療費を増やしたりする場当たり的な政策が続けられてきた。

 エコノミスト誌も指摘するように、こういう政策は誤りである。
[PR]
by jpflege | 2010-12-02 13:10 | 206 Japan

P 7339 城山英明:政権交代後の政策形成過程

MURC, 2010.11.15

6ページ

東京大学
[PR]
by jpflege | 2010-11-16 05:30 | 206 Japan

P 7336 河東哲夫氏のロシアとの付き合い方論

河東氏のブログをリンクします。

2010.11.14付けのロシアとのつきあい方について。

河東氏は、もと在ロシア日本大使館公使。
私の在西ドイツ大使館時代の同僚です。

Japan World Trends, 日本語版

「・・「不法占拠」という言葉を日本政府が使ったのが悪いとNHKは言うが、それが歴史の真実なのだからしょうがない。強い言葉のやり取りは米国・ロシアやNATO・ロシアの間では日常茶飯事のことだが、互いに謝ることもカネを支払うこともなく、翌日はしれっとして握手している。それが欧米諸国の外交のやり方だ。・・」
[PR]
by jpflege | 2010-11-16 05:10 | 206 Japan

P 7250 池田信夫:大蔵省の敗北

2010.11.08

97年の教訓は、危機が起こってもその意味は必ずしも正しく認識されないということだ。数年後に大インフレと金利上昇で財政も経済も破綻したとき、民主党政権がその意味を理解し、正しく対応できる可能性はゼロに近い。20年間たまった日本経済のひずみが97年のような(あるいはそれ以上の)事態をもたらすことはほぼ確実だが、日本は「焼け野原」になっても立ち直れないかもしれない。
[PR]
by jpflege | 2010-11-09 10:31 | 206 Japan

P 7230 日本と日本人

カテゴリ206

は、日本に関する包括的な情報を集めています。
*英文で書かれたものに関しては、別途のカテゴリ。→651から654

これまでの66件の記事のうちから3点を選びました。

P 6419 OECDの日本経済への勧告

P 5932 経済財政白書(説明資料) 2010.07

P 4345 池田信夫 2010.04.04
[PR]
by jpflege | 2010-11-08 08:46 | 206 Japan