カテゴリ:003 介護福祉教育( 50 )

P 7272 日本介護福祉士養成施設協会 4年制リスト

HP

九州地区

7121 ■福岡医療福祉大学
総合福祉学科介護福祉コース
福岡県太宰府市五条3-10-10 092-918-6511

7207 ■西九州大学
健康福祉学部社会福祉学科介護福祉コース
佐賀県神埼市神埼町尾崎4490-9 0952-52-4191

7304 ■長崎純心大学
人文学部現代福祉学科介護福祉コース
長崎県長崎市三ッ山町235 095-846-0084

7305 ■長崎国際大学
人間社会学部社会福祉学科介護福祉クラス
長崎県佐世保市ハウステンボス町2825-7 0956-39-2020

7403 ■熊本学園大学
社会福祉学部第一部社会福祉学科・介護福祉コース
熊本県熊本市大江2-5-1 096-364-5161

7405 ■九州看護福祉大学
看護福祉学部社会福祉学科介護福祉士コース
熊本県玉名市富尾888 0968-75-1800

7607 ■九州保健福祉大学
臨床福祉学科臨床福祉専攻介護福祉コース
宮崎県延岡市吉野町1714-1 0982-23-5555

7708 ■鹿児島国際大学
福祉社会学部社会福祉学科介護福祉コース
鹿児島県鹿児島市坂之上8-34-1 099-261-3211
[PR]
by jpflege | 2010-11-11 03:58 | 003 介護福祉教育

P 6984 外国人介護福祉士候補者などに対する配慮

厚生労働省 2010.10.15

厚生労働省は、財団法人社会福祉振興・試験センターと共同で、来年実施予定の平成22年度介護福祉士国家試験について、介護福祉士国家試験委員会において検討をすすめてきた結果、EPA(経済連携協定)に基づく外国人介護福祉士候補者などに対して配慮するため、試験問題中で使用される難しい用語を一部見直し、分かりやすい表現にしていくこととしました。
[PR]
by jpflege | 2010-10-16 10:23 | 003 介護福祉教育

P 6932 今後の介護人材養成の在り方に関する検討会 中間まとめ 

厚生労働省 2010.10.13

18ページ

今後の介護人材養成の在り方に関する検討会 中間まとめ 2010.08.13

~現任介護職員が介護福祉士受験資格を取得するための養成の在り方等に関する意見の要点と今後の検討の方向性について~
[PR]
by jpflege | 2010-10-14 16:46 | 003 介護福祉教育

p 6930 介護人材養成の在り方に関する検討会

厚生労働省 第5回

会議 2010.10.12
発表 2010.10.13

○座席表

座席表(PDF)

○資料1 「今後の介護人材養成の在り方に関する検討会スケジュール(予定)」 

10月下旬 第6回検討会
・より高い知識・技術をもつ介護福祉士の養成について
・介護福祉士に至るまでのキャリアパスの在り方について
11月 第7回検討会
・介護福祉士に至るまでのキャリアパスの在り方について
12月 第8回検討会・報告書案について
(可能であれば、報告書とりまとめ)

(必要に応じて)
12月 第9回検討会
・報告書とりまとめ
(注)いずれも、現時点の予定である。

○資料2 「介護福祉士によるたんの吸引等の実施に関する論点(案)」 

○資料3 「今後の介護人材養成体系のイメージ」

○資料4 「より高い知識・技術をもつ介護福祉士の養成の在り方に関する論点」

○資料5 「第4回今後の介護人材養成の在り方に関する検討会議事録」

○参考資料1 「今後の介護人材養成の在り方に関する検討会中間まとめ」

○参考資料2 「実践キャリア・アップ制度」
[PR]
by jpflege | 2010-10-14 15:42 | 003 介護福祉教育

P 6655 第18回日本介護福祉学会 発表から

昨日、9月18日および今日19日、

岡山県立大学(岡山県総社市、岡山駅から30分)において
第18回日本介護福祉学会に参加しました。

大会の詳細プログラムは学会サイトにアップされています。

私は、第1回大会(於:日本女子大学)から初期のころは
毎年参加していました。
石川県金城大学に勤務していたころは、当番校として大会会長もしました。

このところ、ごぶさたしており、とくに鹿児島に越してから4年間は参加していません。


基調講演、基調報告、シンポジウム、自由発表、ポスターセッションなど
さまざまなスタイルの学ぶ機会があるのですが、

今回、私が聞いたもののうち、5つを挙げるとすれば、

1 志田洋子 在宅介護の歴史的考察 要旨集 p.68
新潟県における家庭奉仕員の歴史の創設期のころの活動を紹介しながら、障害者のためのホームヘルプ活動が認知されていく過程が日本における在宅介護の発展に重要との歴史研究。

2 太田貞司 フィンランドの地域ケアとラヒホイタヤ p.157
フィンランドの総合的な専門職の発展過程と現状を説明している。フィンランドへの訪問によって得られた新しいタイプの専門職の特色が明らかにされた。

3 石川 彪 介護職の職能見直しの背景と政策的意義 p.69 ほかに当日配布資料あり。
 デンマークとドイツの介護専門職の発展過程を参考としながら、日本における介護職の展望をしている。
 →膨大な情報量なので、日本における提案を中心に、「介護福祉の話」において相当回数解説します。

4 奈倉道隆 日本の生活文化とこれからの介護福祉/新しい研究の視座を求めて p.41
これは、昼食をとりながらの講演ですが、質疑を含めて1時間15分、ずっしりとした内容のレクチャーです。
 演者は昭和9年生まれ、医師。仏教学も専攻した。日本社会における人間関係の特色をもとに介護福祉の方向を構築すべきとする。

5 韓国の「療養保護士」に関する何本かの報告。

このほかでは、
・ドイツの介護専門職
・EPAによる外国人の研修
・仕事をしながらの研修プログラム

など
ふだん、ブログやtwitterで話題になっているテーマがたくさんありました。

鹿児島に帰りましたら、
順次、本ブログあるいは「介護福祉の話」で紹介しましょう。
[PR]
by jpflege | 2010-09-19 22:33 | 003 介護福祉教育

P 6607 2012年の資格制度改正

HP

アイ・ヘルパー・スクール

TOP
[PR]
by jpflege | 2010-09-12 10:38 | 003 介護福祉教育

P 6523 第566回 介護職者に求めたいもの~批判的論証力と評価すること

想い・思い・おもい ver.2 2010.09.04

twitterのまとめ。

dream3443
しん
裸王田中

の鼎談。
[PR]
by jpflege | 2010-09-04 08:12 | 003 介護福祉教育

P 6357 京須 希美子 2007

東北大学大学院
[PR]
by jpflege | 2010-08-22 14:15 | 003 介護福祉教育

P 6351 介護の教科書(紀伊国屋)

HP

第1章 発達と老化の理解(人間の成長と発達の基礎的理解;老年期の発達と成熟 ほか)
第2章 認知症の理解(認知症を取り巻く状況;医学的側面からみた認知症の基礎 ほか)
第3章 障害の理解(障害の基礎的理解;障害の医学的側面の基礎的知識 ほか)
第4章 こころとからだのしくみ(こころのしくみの理解;からだのしくみの理解 ほか)
[PR]
by jpflege | 2010-08-22 09:29 | 003 介護福祉教育

P 6245 今後の介護人材養成に関する検討会

厚生労働省2010.08.13

厚生労働省社会・援護局福祉基盤課

マンパワー企画係 資格・試験係

「今後の介護人材養成に関する検討会 中間まとめ

(現任介護職員が介護福祉士受験資格を取得するための養成の在り方等に関する意見の要点と今後の検討の方向性について)
 
 実務経験のある介護職員が介護福祉士の資格を取得する場合、法改正前は「実務3年+国家試験」が要件となっていましたが、資質向上を図る観点から、平成19年の法改正で新たに「6カ月(600時間)以上の養成課程修了」が義務付けられることになりました(平成24年度から施行予定)。

 これにより今後の資質向上が期待される一方で、介護分野は離職率が高く、地域によっては人手不足などの課題が生じていることから、人材の量的な確保に向けた見直しが必要との指摘も出ています。

 このため、本年3月から「今後の介護人材養成の在り方に関する検討会」(座長・駒村康平 慶應義塾大教授)を開催し、介護福祉士の質的向上と量的確保を両立させるための方策を検討してきました。
[PR]
by jpflege | 2010-08-14 21:53 | 003 介護福祉教育