カテゴリ:030 alternative ( 39 )

P 7697 Heilpraktiker (ドイツ)

de.wiki

Heilpraktiker ist eine in Deutschland geschützte Berufsbezeichnung für Personen, die nach dem deutschen Heilpraktikergesetz von 1939 in der jeweils geltenden Fassung eine staatliche Erlaubnis besitzen, die Heilkunde auszuüben, ohne über eine ärztliche Approbation zu verfügen.[1]

Der Heilpraktiker übt seinen Beruf eigenverantwortlich aus und zählt zu den freien Berufen im Sinne von § 18 Einkommensteuergesetz.
[PR]
by jpflege | 2011-01-10 08:39 | 030 alternative

P 7622 NASW, ソーシャルワーカーと「創造性」

アメリカソーシャルワーカー協会NASW
のサイトから
music therapy
で検索された論文の筆頭にアップされていたもの。

creativity

Death and Dying Trends – Creativity at the End of Life

目次

Introduction
An Emerging Trend
Types of Creative Expression
Social Workers Helping Terminally Ill Patients
Creating a New Understanding of Death

Social workers in all settings are learning to help dying patients and their loved ones in new and creative ways. Expressive arts therapists are opening doors to a more holistic end-of life experience.
[PR]
by jpflege | 2010-12-26 21:01 | 030 alternative

P 7530 川嶋 朗:透析医療における補完・代替医療

全日本鍼灸学会雑誌 第53巻第2号 2003

128-140
[PR]
by jpflege | 2010-12-11 13:32 | 030 alternative

P 7383 「陶芸療法」をヒントするサイト

陶芸療法

というのがあるのかどうか知りませんが、
介護の現場で、あるいは介護予防の視点で「陶芸」も活用されて良いのでは?

と思われるサイト・ブログをリンクします。

福岡の陶芸教室

愛和のグループホーム

介護施設での陶芸展
[PR]
by jpflege | 2010-11-21 06:35 | 030 alternative

P 6331 患者が医師に聞くべきこと・言うべきこと

USAToday 2010.08.20

"What the patient tells the doctor is 70% responsible for a correct diagnosis," Powell said. "How you describe your symptoms is beneficial in terms of enhancing your outcome."

You should note:

• Any symptoms.

• Medicines you are taking.

• Relevant family history.

• Any recent lifestyle changes.

• Any health concerns you've had on your mind.
[PR]
by jpflege | 2010-08-21 10:28 | 030 alternative

P 6306 moderate wine consumption

medical news today 2010.08.19

A large prospective study of 5033 men and women in the Tromso Study in northern Norway has reported that moderate wine consumption is independently associated with better performance on cognitive tests.
[PR]
by jpflege | 2010-08-19 17:00 | 030 alternative

P 6263 Troubled childhood

USAToday

Troubled childhoods can lead to a host of health problems in adulthood, with heart disease as a prime possibility, suggests new research presented today.

"Many diseases first diagnosed in mid-life can be traced back to childhood," Karen Matthews, a professor of psychiatry and epidemiology at the University of Pittsburgh, told a session at the American Psychological Association meeting here.
[PR]
by jpflege | 2010-08-15 18:08 | 030 alternative

P 6186 sound sleep has a distinct brain pattern

medical news today

If you have ever wondered how some people can sleep through anything while others wake at the slightest disturbance, then a group of US scientists may have the answer: they found that sound sleep has a distinct brain pattern.
[PR]
by jpflege | 2010-08-11 15:05 | 030 alternative

P 6054 座ることが多い人は短命:アメリカの調査

USAToday 2010.07.27

The effect remained even after researchers factored out obesity or the level of daily physical activity people were engaged in, according to a study of more than 120,000 American adults.

Exercise, even a little per day, did tend to lower the mortality risk tied to sitting, the team noted. However, sitting's influence on death risk remained significant even when activity was factored in.

On the other hand, people who sat a lot and did not exercise or stay active had an even higher mortality risk: 94% for women and 48% for men.
[PR]
by jpflege | 2010-07-29 15:04 | 030 alternative

P 5851 健康の社会格差(7月30日:日本学術会議シンポ)

日本学術会議:
*P 3298

健康の社会経済状態による格差への関心が高まっている。貧困層、失業者・非正規雇用者など社会制度の保護を受けにくい人々における健康や医療アクセスの問題に加え、子どもや高齢者の健康の社会格差の広がり、また経済不況下における障害者の健康と生活にも懸念が広がっている。このシンポジウムでは、保健医療分野のみならず、福祉、社会学などの視点からも総合的に健康の社会格差に関する現状と課題を明らかにし、さまざまな人々が共に、健康に生きることのできる社会を作るための方策について議論する。

シンポ企画

6 二木 立先生:

「病気と貧乏の悪循環」(現代風に言えば、健康の社会格差)を断ち切ることは、第二次世界
大戦前から始まった日本の医療(保障)政策の原点の一つでした。しかし、日本の医療保険制
度は職業・地域別に分断された「モザイク」だったため、1961年に国民皆保険制度が実現し
た後も、この悪循環、少なくとも医療受診の社会格差は続きました。

 医療受診格差は1973年の「福祉元年」(老人医療費の無料化、高額療養費制度の導入
等)によってかなり改善されました。しかし財政再建を錦の御旗にして、1980年代前半から四
半世紀続けられた「世界一」厳しい医療費抑制政策により、国民皆保険制度は周辺部から
ほころび始め、医療受診(および、おそらく健康)の社会格差は再び拡大に転じました。例え
ば、国民健康保険加入者のうち「資格証明書交付世帯」(事実上の無保険者)の医療機関
受診率は、一般加入者のなんと100分の1です(全国保険医団体連合会)。

 2001~2006年の小泉政権時代の「医療改革」で主張された混合診療の全面(原則)解禁
論は、医療分野にも市場原理を導入し、医療保険の給付対象を「基礎的なサービス」に限定
する一方、「高所得者がアメリカ並みに自由に医療サービスを購入するようになる」こと、つまり
医療受診の社会格差の導入を公然と主張しました。
 混合診療全面(原則)解禁論は、福田・麻生政権では沈静化しましたが、やや意外なことに、2009年に発足した民主党政権の一部ではまた部分的に復活しつつあります(行政刷新会議「規制・制度改革に関する分科会第一次報告書」、経済産業省「医療産業研究会報告書」等)。

 そのため、今後の医療政策の究極的選択は、公的医療費の総枠を拡大して、医療の「平等消費」を促進し、健康の社会的不平等を縮小するのか、それともすでに部分的に生じている医療の「階層消費」を促進して、健康の不平等を拡大するのかにあると言えます。
[PR]
by jpflege | 2010-07-20 11:27 | 030 alternative