カテゴリ:926 C.Path( 13 )

P 6525 JSCP:日本クリニカルパス学会

jscp

世界的に医療の標準化の重要性が見直されている今日、患者ケアの質的向上と効率化という、ある面で相反する目標を追求する効果的な医療手段としてクリニカルパスへの関心が高まっています 。
 クリニカルパスを効果的に運用するためには、医師、看護婦、薬剤師、栄養士、理学療法士、臨床検査技師、作業療法士、放射線技師、介護福祉士、病院管理者、医療事務担当者、行政側および患者など全ての医療に関わる人々が、チームとして一体となった医療がもっとも必要とされます。さらに様々な医療を支援する企業との連携も不可欠となるでしょう。
 本学会は、特にチーム医療によるクリニカルパス手法の更なる普及を目指し、患者中心の医療・ケアにより貢献したいという願いから設立されました。
[PR]
by jpflege | 2010-09-04 08:19 | 926 C.Path

P 4809 The Critical Path to Cures for Alzheimer's & Parkinson's

Jane Erikson

Thirty-five million people in the world today are afflicted with Alzheimer’s disease – among them, 5.3 million Americans – and their numbers are expected to double over the next 20 years.

That grim prediction from the 2009 World Alzheimer’s Report is made all the more disturbing by painfully slow progress in developing new drugs to treat Alzheimer’s. Nine drugs developed in recent years have demonstrated little or no effectiveness when tested in patients. And the four drugs now on the market have been able to slow memory loss for only a short while.

But there is a glimmer of hope – probably more than a glimmer. In early 2010, Tucson’s Critical Path Institute plans to go to the U.S. Food and Drug Administration with new research data that could speed up development of Alzheimer’s drugs – and perhaps lead to a cure, or even prevent, this dreaded, devastating disease.

In addition to its attack on Alzheimer’s, the world’s most common neurodegenerative disease, C-Path is going after the second most common, Parkinson’s disease. While it affects fewer people – an estimated 1 million Americans, and 4.1 million worldwide – Parkinson’s numbers also are expected to double by 2030.
[PR]
by jpflege | 2010-05-15 03:31 | 926 C.Path

P 4808 Critical Path of Dementia

本文日本語

Author;KITAMURA SHIN(Nippon Medical School, Second Hospital, JPN)
Journal Title;Neurological Therapeutics

Abstract;Two critical paths for diagnosis of dementia were presented. There is a main purpose of induction of critical path in a guarantee of medical quality, promotion of efficiency of the business, shortening of hospitalization period. Using critical path for outpatient, we can explain results and present treatment plan to the patient and the family within four or five times of visiting clinic. Using critical path for inpatient, we can do it within eight hospital days.

At present time, there are a few hospitals using critical path for patients with dementia. However, usefulness of critical path of dementia has been reported from hospitals inducing it already. Making critical path of diagnosis, treatment, and care for patients with dementia and using it are necessary for future geriatric medicine. (author abst.)

北村 伸
[PR]
by jpflege | 2010-05-15 03:22 | 926 C.Path

P 4797 都立病院 2001

東京都

都立病院におけるクリティカル・パスの活用について
平成13 年5月

*27ページ
[PR]
by jpflege | 2010-05-14 03:44 | 926 C.Path

P 4796 寒河江市立病院改革プラン

山形県寒河江市

15ページ
[PR]
by jpflege | 2010-05-14 03:40 | 926 C.Path

P 4795 蒲生 智哉

立命館経営学 2008

*21ページ

「医療の質」と「チーム医療」の関係性の一考察
―クリニカルパス活用による一貫性のある医療の実現―

はじめに:本研究の目的と流れ
第1 章 「チーム医療」とは
 第1 節 「チーム」という組織特性
 第2 節 「チーム医療」の定義と目的
第2 章 医療の連続性
 第1 節 症状ステージに沿った医療の流れ
 第2 節 症状ステージに沿って行なわれる「チーム医療」
第3 章 クリニカルパスによる一連の医療計画の策定
 第1 節 クリニカルパスの定義と目的
 第2 節 クリニカルパスの作成と活用
むすびにかえて:まとめと「チーム医療」の発展可能性
[PR]
by jpflege | 2010-05-14 03:35 | 926 C.Path

P 4790 大阪医科大学医師会会報 第30号

2008

特集:座談会
地域連携クリティカルパスについて」………………………………………… 2

出席者:医療法人祐生会みどりヶ丘病院理事長甲斐敏晴
中島荘野クリニック院長中島立博
医療法人仙養会北摂総合病院副院長・循環器科部長諏訪道博
大阪医科大学神経内科診療科長・第一内科学講師木村文治
高槻病院整形外科部長平中崇文
高槻赤十字病院糖尿病・内分泌・生活習慣病科部長金子至寿佳
大阪医科大学病院医療相談部「医療連携室」課長角江司
(司会) 脳神経外科学教室講師梶本宜永

病診連携アンケート結果報告
………………………………………病診連携委員会理事中島立博、後藤研三18
[PR]
by jpflege | 2010-05-13 20:43 | 926 C.Path

P 4789 富山県新川地区

PHCD
[PR]
by jpflege | 2010-05-13 20:38 | 926 C.Path

P 4782 2009年版 医療・医薬連携の実態と将来展望

矢野経済研究所

第2章 医療連携ネットワークと地域連携パスの将来予測

新しい医療計画で地域医療連携のあり方が変化してきている
紹介率を指標とした診療報酬の廃止も連携の形の変化を促す
ある自治体病院が退院マネジメントの専門組織を設置した理由
病院の医療連携室が地域連携をマネジメントする時代
製薬メーカーも地域医療連携の進展に深い関心を寄せる

在宅医療の地域インフラづくりもこれからさらに拡大していく
連携ネットワークでは薬剤処方は地域の開業医主導に?
連携ネットワークは脳卒中診療中心に増加してきている
静岡市の医師会主導の連携ネットワークはなぜ成功したのか
行政や保健所が主導する地域連携パスは成功するか

糖尿病ネットワークは各地域で拡大、積極的な取り組みが始まっている
がん診療ネットワークでは有力民間病院の取り組みが早い
次期改定以降で診療報酬評価される地域連携パスを予測する
なぜ病院勤務医は地域連携パスの運用に消極的か
連携パス乱立から統一地域連携パスを作成する動き

静岡市では脳卒中連携システムが2次医療圏で標準化されている
地域医療連携のIT化は低コスト、機能限定が成功のカギ
地域医療連携と製薬企業の取り組みの現状
製薬企業が主導する地域連携パスは成功するのか
脳卒中の地域医療連携でt-PAのプロモーションに変化

地域医療連携マップを提供するニュービジネス
医療連携業務をアウトソーシングする時代はそこまで来ている
(表)主要地域連携診療計画管理料・地域連携診療計画退院時指導料届出状況

第3章に事例
[PR]
by jpflege | 2010-05-13 15:36 | 926 C.Path

P 4781 CPM

ja.wiki

クリティカルパス法(英: critical path method, CPM)またはクリティカルパス分析(英: critical path analysis)は、プロジェクトの一連の活動(アクティビティ)をスケジューリングするための数学的アルゴリズムである。効率的プロジェクトマネジメントのための重要なツールである。

CPMは1950年代にデュポン社が開発した。同じ頃、ジェネラル・ダイナミクスとアメリカ海軍が Program Evaluation and Review Technique (PERT) を開発していた。

現在では、ソフトウェア開発、研究プロジェクト、製品開発、工学、プラント保守などといった各種プロジェクトで利用されている。複数の独立した活動から構成される任意のプロジェクトでスケジューリング技法として適用可能である。
[PR]
by jpflege | 2010-05-13 15:30 | 926 C.Path