カテゴリ:824 年金政策( 49 )

P 7789  年金給付額 50兆円越す(日本経済新聞)

今日
2011.01.25付け
日本経済新聞トップ。

nikkei

公的年金の支給総額(年金総額)が2009年度に初めて50兆円を突破し、名目国内総生産(GDP)に対する割合が1割を超えたことが、厚生労働省の調査で分かった。年金の受給者数が3703万人と前年度と比べ3.1%増える一方、支え手である加入者は0.9%減の6874万人に減った。現役1.8人で受給者1人を支える構図で、制度の存続が揺らいでいる。新たな財源対策とともに、年金の給付抑制も課題となりそうだ。
[PR]
by jpflege | 2011-01-25 09:11 | 824 年金政策

P 7769 厚生労働省 年金統計

2011.01.21

国民年金

*市町村別

厚生年金保険
[PR]
by jpflege | 2011-01-21 11:07 | 824 年金政策

P 7672 公的年金の論議 ニッセイ基礎研究所

Vol 175, 2011.01.04

民主党政権のもとでの
公的年金論議の経過を踏まえて、今後を展望している。【ブログ管理者】
[PR]
by jpflege | 2011-01-07 15:48 | 824 年金政策

P 7628 国民年金納付率

厚生労働省 2010.12.27

2010.10末 56.0%

2009.10末 57.5%
[PR]
by jpflege | 2010-12-28 05:57 | 824 年金政策

P 7332 井堀利弘:公的年金改革

東大経済学部教授

*一橋大学世代間問題研究機構でのWP 9ページ

IER

その結論部分:

「・・最近、親による子供の虐待が数多く報道されている。その背景はいろいろあるだろうが、1つの経済的な要因として、親が子供を育てる明確な経済的動機を失っていることも大きい。途上国では、子供は生産財であるから、経済的に生活を維持する上で子供は労働力として不可欠である。虐待して子供を傷つけると、親にとっても損である。これに対して、わが国のような先進諸国では、子供が消費財になっている。子供は経済的に生活を維持するには余計な存在であり、むしろ、育児が楽しいから子供を生み育てるという消費財に変化している。その意味で、子供はペットの代替財になっている。したがって、子供を育てること自体が楽しいと感じられない親は、子供をじゃまな存在と感じて、虐待に走りやすい。
こうした傾向を変えて、子供を育てることが親にとってメリットのあるものだと再認識させる1つの経済的な手段が、個人勘定賦課方式の公的年金である。もちろん、親が子供をきちんと育てるのは当然の責務であり、政府がどうこう介入する対象でないかもしれない。虐待する親には厳しい罰則と教育が必要である。しかし、単に悪い行為を取り締まるだけで問題が解決しないのも現実である。それと同時に、経済的な誘因も活用することで、長期的に望ましい効果が期待できる。」
[PR]
by jpflege | 2010-11-15 18:38 | 824 年金政策

P 7119 国民年金納付率 平成22年8月末

mhlw

現年度 55.1%
[PR]
by jpflege | 2010-10-29 16:59 | 824 年金政策

P 6939 厚生年金保険・国民年金事業年報

平成20年度
2010.10.14 発表

HP

冒頭部分項目例示:

第1表 事業所数、被保険者数及び標準報酬月額の平均 Excel:34KB
第2表 年度別適用状況 Excel:60KB
第3表 年度別保険料徴収状況 Excel:24KB
第4表 免除保険料率別適用状況 Excel:31KB
第5表 被保険者の年齢構成 Excel:31KB
第6表 標準報酬月額・年間標準賞与額別被保険者数 Excel:67KB
第7表 年度別年金給付状況 Excel:129KB
第8表 年金額別老齢年金・通算老齢年金受給権者数 Excel:90KB
第9表 被保険者期間別老齢年金・通算老齢年金受給権者数 Excel:105KB
第10表 年齢別老齢年金・通算老齢年金受給権者数 Excel:91KB
第11表 年齢別老齢年金受給権者平均年金月額 Excel:38KB
第12表 平均標準報酬額別老齢年金・通算老齢年金受給権者数 Excel:52KB
第13表 在職老齢給付状況(在職制限除く) Excel:41KB
第14表 都道府県別老齢年金給付状況 Excel:29KB


概要 45頁 少し重いが重要です。
[PR]
by jpflege | 2010-10-14 20:13 | 824 年金政策

P 6891 年金問題ニュース一覧

HP
[PR]
by jpflege | 2010-10-11 05:50 | 824 年金政策

P 6839 国民年金納付率 7月末

厚生労働省 2010.10.06 公表

55.2%

HP
[PR]
by jpflege | 2010-10-07 05:48 | 824 年金政策

P 6819 稲垣誠一:年金制度改革案の政策評価

一橋大学 世代間問題研究プロジェクト 486
2010.09 22ページ

IER

本稿では、日本社会のマイクロシミュレーションモデルであるINAHSIMを用いた政策シミュレーションを行い、年金制度改革案の評価を試みた。まず、現行制度を維持した場合、高齢者の年金額分布や所得分布を示し、貧困層の高齢者が今後どれだけ増加していくのか、また、その要因は何かを明らかにした。次いで、各年金制度改革を実施した時に、貧困層の高齢者の増加をどれくらい抑えることができるか、その際の追加費用はどれくらいか、2100年までの長期推計を基に、当面20年間の中長期的な効果、それ以降の超長期的なスパンでの効果を検証した。これらのシミュレーション分析の結果、全国民共通の所得比例年金の導入は解決すべき問題が多く、基礎年金の税方式化の方が問題点は少ないことが明らかとなった。ただし、その際、経過措置期間を短縮するような工夫や正社員でない非正規労働者を厚生年金の適用対象とすることが必要であると考えられる。
[PR]
by jpflege | 2010-10-03 05:59 | 824 年金政策