カテゴリ:819 C.UK( 31 )

P 7756 堀 真奈美:連立政権誕生後のイギリス介護政策

イギリスの労働党政権は、

国民介護サービス」を構想するとして
白書で問題提起をしてきた。

このブログでも
カテゴリ819 C.UKとして、基礎情報をフォローしてきた。(これまで30件の記事)


その後2010年5月6日の総選挙の結果を受けて政権が交代した。

この政権交代によって
これまでの労働党の提唱してきた構想はどうなるのか?

かねてよくわからないできましたが、
昨日届いた健保連の
「健保連海外医療保障」No.88 2010年12月

に収められている表題の論文を読んで経過と展望がえられました。

*この雑誌は、健保連のサイトにも掲載されておらず、一般には入手困難ですが
海外の医療や介護政策に関する専門家の論文が多いです。(季刊)

堀論文の要点:p.10-p.16

・労働党構想は棚上げ
・NHSの保健医療については実質ベースで削減しないという新政権の連合合意
・ソーシャルケアの財源に関する専門委員会が2010年6月20日におかれて、2011年6月までに報告書を取りまとめる予定。

「・・包括型のナショナルケアサービスそのものが制度化される可能性は低いが、中央政府が介護の財源調達に介入する何らかの制度が導入される可能性は高いと思われる・・」p.14
[PR]
by jpflege | 2011-01-19 09:13 | 819 C.UK

P 7490 イギリス:介護財源検討委員会

2010.12.01

Most critically, the Commission is keen to hear views on how best to reform the funding system. As part of this, the Commission has identified four key priorities it thinks reform will need to address:


Increased resources - public, private and voluntary – will need to be dedicated to care and support in future

People should have the opportunity to be protected against the future costs of care and support

People need to understand how the care and support system works and be encouraged to plan accordingly

People need to be clear about the role of the wider system of public support (including the NHS and social security)
[PR]
by jpflege | 2010-12-06 20:42 | 819 C.UK

P 7243 イギリス介護財源検討委員会

イギリスは、医療に関してNHS国営医療で知られています。

介護に関しては、NHSと社会サービスで対応していますが、今後は、介護に関する独立のシステムが必要という論議が続いています。

労働党政権のときに、「国民介護サービス」の構想を打ち出しています。

この間の経緯は、このブログでも、「819 C.UK」というカテゴリを設けてフォローし始めていました。


その後、政権の交代があって、

財源問題を独立に調査する委員会が2010.07.20発足しました。

care commission

The Commission for the Funding of Care and Support is an independent body responsible for the review of the funding system for care and support in England.

Launched on 20th July 2010, the Commission will examine and provide recommendations on:

■the best way to meet care and support costs through partnership between individuals and the state;
■how an individual’s assets can be protected against the cost of care;
■how public funding for the care and support system can be best used to meet needs;
■how to deliver the preferred option including implementation timescales and impact on local government.


2010.11.03 Guardian に、
委員長のAndrew Dilnot への長いインタビューが掲載されています。

How will England fund long-term care ?

2011年6月までに報告書をまとめることになっています。
10名の専任スタッフとともにロンドン郊外で細かな作業を行っているとのことです。
[PR]
by jpflege | 2010-11-08 22:27 | 819 C.UK

P 5868 イギリス:新介護システム検討へ(担当大臣会見)

イギリス政府広報局 2010.07.20

The first step towards creating a sustainable care and support system for all adults, that puts individuals and their families at its heart, was unveiled today by Health Secretary Andrew Lansley.

In setting out to Parliament the terms of reference for the Commission on the Funding of Care and Support, Andrew Lansley made clear that it will consider a range of funding ideas including both voluntary insurance and partnership schemes.

The Commission will be chaired by Andrew Dilnot with two further commissioners, Lord Norman Warner and Dame Jo Williams and it and will report within a year.
[PR]
by jpflege | 2010-07-21 12:34 | 819 C.UK

P 5127 イギリス:介護保障への委員会設立(論評)

communitycare 2010.05.21

As the Lib-Con coalition announces the launch of a commission on long-term adult care funding, Vern Pitt reminds the government of the gaps and a social worker, a service user and a care home manager call for action.

The funding of long-term care in England will be considered by a commission, reporting within a year, the coalition government announced last week.

The commission comes 11 years after a royal commission on the same issue recommended free personal care for older people but this idea was rejected by the Labour government.
[PR]
by jpflege | 2010-05-30 15:27 | 819 C.UK

P 4689 long-term care provision in the UK

2010.01

The impact of devolution: long-term care provision in the UK

44頁

Publisher:
York: Joseph Rowntree Foundation, 2010. 41p., bibliog.

Abstract:
This report on long-term care provision policies, from a series on the impact of 10 years devolved government in the United Kingdom, considers the constraint that tax and benefit structure (control of which remains centrally within the Departmental Expenditure Limits (DEL) system), has on Scotland, Northern Ireland, Wales and England.

The importance of having secondary social care, funded from Annually Managed Expenditure by the Department for Work and Pensions (DWP) and less bound to annual budgets than DEL, in minimising diversity of delivered care is discussed.

The inability of devolved governments to steer DWP, due to weak intergovernmental relations, is highlighted and in section 2 Scottish attendance allowances and Welsh domiciliary care charges are contrasted. Section 3 details demand for care varies more within countries than between them, while section 4 highlights divergence in older people’s ability to pay.

A current snapshot of care provision across the UK in section 5, is followed by a focus on free personal care, personalisation and charging in Section 6. Section 7 reiterates that policies can be constrained as well as enhanced by devolution.

Other reports, in this series, detail area based regeneration, indicators of poverty and social exclusion, employment and employability and housing and homelessness.
[PR]
by jpflege | 2010-05-08 21:02 | 819 C.UK

P 4571 第3章 どのような議論があったか?

国民介護サービス構想に関する白書 第3章 pp.55-65

第3章 どのような議論があったか?

【第3章の内容】
2009年7月に刊行した緑書Green Paper「ともに将来のケアを考えよう?」Shaping the Future of Care Together以降、2009年11月13日までに、どのような議論があったのか?これについては、この白書とは独立した文書Consultationに詳しくまとめているが、第3章では、これを概観してみよう。

2009年7月14日から2009年11月13日までの4ヶ月間に28,000通の意見が寄せられた。
正式の意見聴取の手続き以外にも、Facebookやtwitter、さらには議会の討論という形でさまざまな意見が寄せられた。

この討論期間に政府が国民に問いかけた課題は、以下の3つである。
1 介護サービスの将来構想
2 構想の実現方法
3 財源に関する選択肢

【将来構想】
1 予防サービス
2 アセスメント
3 連携
4 情報と示唆
5 ケアと支援の個人化personalized
6 財源
7 残された課題
(1)ケアと支援の定義
(2)人権
(3)多様性
(4)独立
(5)介護者
(6)サービスの質
(7)参画
(8)持続性
(9)安全の維持

【財源に関する論議】
1 財源の選択肢
2 給付のタイプ(障害者手当の位置づけ)
3 国と地方とでどう分担するか

財源論としては、
(1)個人負担
(2)支払いに応じて支払い、給付は無料(A Comprehensive)
(3)個人と政府で分担(A Partnership)
(4)リスクを保険化する (An Insurance)
(5)税金による負担

第3章では、
この5つのうち、まず、(1)と(5)の両極の選択肢は現実的ではないと退けている。

討論期間中の人々の意見は、
・支払いに応じて支払い、給付は無料 (A Comprehensive) →41%
・個人と政府で分担(A Partnership)             →35%
・リスクを保険化する (An Insurance)           →22%
だった。

この3つの案の詳しい比較は、あとの章で行われるが、論点として、

・退職時にまとめて支払うことには賛成が少ない。
・重篤なケアの場合の費用を負担できるか。
・宿泊費用を入れるかどうかは意見が分かれた。

があげられている。
[PR]
by jpflege | 2010-04-27 15:12 | 819 C.UK

P 4426 イギリスの介護サービス

イギリスの介護サービス

1. 高齢者ケアの制度状況..................................................... 1
(1) 制度の概要........................................................... 1
(2) 主たる高齢者ケアサービス............................................. 2
2.在宅ケア制度について....................................................... 5
(1) イギリスケアサービスの利用状況....................................... 5
(2) 在宅ケアサービスの提供状況........................................... 6
(3) 在宅ケアサービスの年齢別利用割合..................................... 8
(4) 在宅ケアサービスの内容............................................... 8
(5) その他在宅ケアを支えるサービス....................................... 9
3.要介護判定................................................................ 10
(1) 要介護者のアセスメント.............................................. 10
(2) 介護者のアセスメント................................................ 11
(3) アセスメントの流れ.................................................. 11
4.施設ケア(ケアホーム).................................................... 13
(1) 高齢者の生活の場.................................................... 13
(2) 年齢別 自宅以外の病院・施設入居状況................................ 14
(3) 介護(福祉)と医療(保健)の連携.................................... 17
(4) 現金給付(Direct Payments(直接払い)) .............................. 17
5.介護サービスの財源........................................................ 18
(1) 介護サービスの財源.................................................. 18
(2) 利用者負担.......................................................... 20
[PR]
by jpflege | 2010-04-14 04:34 | 819 C.UK

P 4423 国民介護サービス構想 イギリス政府白書 第2章

第1章については、

P 4358 で紹介しました。

第2章 pp.43-53 The case for change は、意訳して「改革の背景」といったところか。
*第1章のときと同様、翻訳と言うよりは、私の読後感を基盤にしたキーワード集という程度のものです。

【要約】
「ケアと支援」(care and support)に関する制度は、この20年で著しく改善はされたが、問題が残されている。多くの人が、フラストレーション、質の低いサービス、極端な場合には虐待を経験している。23,000ポンド以下という所得のミーンズテストも不公正と受けとめられている。

今回の改革は、こういった課題を克服する意図であるが、このほか、つぎのような新しい諸変化を念頭に置かねばならない。
・人口構造の変化
・技術の発展
・期待の変化
・経済状況

いま、これらの状況が進む中でケアと支援の全面的な改革が行われなければ、ケア水準のさらなる低下が進むだろう。国民介護サービス構想は、すべての人にとって、ケアと支援を機会ととらえ、単に費用を分担するというだけではなく将来への投資を意味する。

【現行制度の問題点】
7項目挙げている。
1 公的財源による支援は、最も高いニードの人に限定されている。

2 同様なニーズがあっても、住んでいる地域によって受けるケアの水準が異なる。

3 医療サービスとsocial care (対応する日本語がないが、「社会的介護」か)との連繋などサービス間のつながりが十分ではない。

4 制度が全体としてcofusing 混乱している。

5 個人のニーズに対応していない場合がある。

6 現在のミーンズテストの水準が23,000ポンド以下であることの問題。

7 重度のケアの場合の天文学的な費用 potential risk of catastrophic care cost への対応

【環境の変化】
・人口構造の変化
・技術の発展
・期待の変化
・経済状況

各項目とも、重要な記述ですが、日本で分析されている事情と類似していますので、関心のある向きは直接お読みください。
[PR]
by jpflege | 2010-04-13 21:09 | 819 C.UK

P 4361 国民介護サービス法案遅れる

guardian

ISSA 2010.04.06
guardian 2010.03.31

The measure was unveiled by Gordon Brown at the 2009 Labour party conference and was due to take effect in October this year, but councils protested that they were being given too little time to prepare.

In the Commons on Tuesday night, care services minister Phil Hope said the government "recognises the collective desire for more time to implement these measures and more time to scrutinise them". As a result, it was prepared to accept a Lord amendment that would have the effect of delaying implementation until April 2011.
[PR]
by jpflege | 2010-04-06 16:55 | 819 C.UK