カテゴリ:700 Nordic( 10 )

P 7166 Nordic Statistical Yearbook 2010

scb.se

The Finns give the least to developing countries. These are the findings from the Nordic Statistical Yearbook 2010, which is being released today.

The Nordic Statistical Yearbook 2010 includes comparative figures for the five Nordic countries of Denmark, Finland, Iceland, Norway and Sweden, as well as the Faroe Islands, Greenland and Åland. You have free access to a database with thousands of figures about society in the Nordic countries.
[PR]
by jpflege | 2010-11-01 13:21 | 700 Nordic

P 6005 樋口 修 北欧の子ども手当て

レファレンス 2010-5 No.712

19ページ

子どもを育てる家庭に対して金銭給付を行う子ども手当(児童手当)の制度は、諸外国
においても、家族政策の最も重要な要素の一つを構成している。特に、「北欧モデル」と
いわれる、ユニバーサリズム(普遍主義)に立脚した高福祉・高負担の社会保障を構築し
てきた北欧諸国においては、第二次世界大戦後の比較的早い時期から、自国に居住する全
ての子どもを対象とした子ども手当の制度が導入され、発展を遂げてきた。ただし、その
具体的な制度設計については、各国間で多少の違いがある。
[PR]
by jpflege | 2010-07-27 05:49 | 700 Nordic

P 5113 スウェーデン・フィンランド基礎データ

スウェーデン・フィンランド

スウェーデン

ビヤネール多美子『スウェーデンの性と性教育』十月舎 2000 年。
北欧閣僚評議会(編)大原明美(訳)『北欧の消費者教育~「共生」の思想を育む学校
でのアプローチ』新評論 2003 年。
レグランド塚口淑子 『新版 女たちのスウェーデン』ノルディック出版 2006 年。
二文字理明・伊藤正純(編著)『スウェーデンにみる個性重視社会~生活のセーフティ
ネット』桜井書店 2004 年。
岡沢憲芙『スウェーデンの挑戦』岩波新書 1993 年。
小澤徳太郎『スウェーデンに学ぶ「持続可能な社会」~安心と安全の国づくりとは何
か』朝日新聞社 2006 年。
高橋たかこ『福祉先進国スウェーデンのいじめ対策』コスモヒルズ 2000 年。

フィンランド

Finnish Communications Regulatory Athority(FICORA)
[http://www.ficora.fi/en/index.html](検索日:2006 年9 月30 日)
Finnish National Board of Education, Annual Report 2005.
同上、Before- and After-School Activities
同上、Competence-based Qualifications for Adults
同上、Education in Finland 2005.
同上、General Upper Secondary Distance Education.
同上、Immigrant Education in Finland
福田誠二『競争やめたら学力世界一:フィンランド教育の成功』朝日新聞社 2006 年。
北川達夫『フィンランド・メソッド入門』経済界 2005 年。
T.コポマー(著)川浦康至他(訳)『ケータイは世の中を変える~携帯電話先進国フィ
ンランドのモバイル文化』北大路書房 2004 年。
渡邊あや「読解力を高める教育課程の創造的展開~フィンランドの取組を中心に(論
説)」『初等教育資料No.808』平成18 年5 月号, pp.4-9。
[PR]
by jpflege | 2010-05-30 08:18 | 700 Nordic

P 4319 宇野 裕 の論文を評価

ねんゆうブログニュース&インフォメーション

厚生労働省を退官して日本社会事業大学の専務理事に就任した宇野裕さんが、月刊誌『世界』(岩波書店)の今月号(11月号)に「残された途は『福祉立国』しかない」という論文を掲載している。鳩山新政権が医療・介護にどう取り組むべきかを論じた力作である。

*世界 2009-11
[PR]
by jpflege | 2010-04-04 08:31 | 700 Nordic

P 3937 From Stockholm (日本語)

スウェーデンの福祉情報(日本語)

スウェーデンの福祉に関する日本語による膨大な情報です。

*リンク集も充実しています。

*黒龍さんのご教示による。

*プロフィール(一部)
1.ニックネーム:  ストック   
2.タイトル: 高齢福祉社会専門家(アドバイザー)、 フリーランスジャーナリスト、その他いろいろ
3.住んでいる所: スウェーデン
[PR]
by jpflege | 2010-03-03 18:20 | 700 Nordic

P 2149 北欧統計比較

フィンランド政府統計局は
2009.10.26
北欧統計年鑑2009の内容を発表している。

北欧統計年鑑2009

Finland has the highest number of tertiary level students in the Nordic countries
Relative to the size of population, Finland has the highest number of students in tertiary education in the Nordic countries. Nearly one in five of the population aged 20 to 39 in Finland attend tertiary education, whereas in Sweden and Iceland the respective proportion is one in seven and in Denmark and Norway around one in eight. These data derive from the recently published Nordic Statistical Yearbook 2009.

フィンランドは、20歳から39歳までの人口に占める大学生が人口5人に1人の割合
スウェーデンは、7人に1人
デンマーク及びノルウェーは8人に1人。
[PR]
by jpflege | 2009-10-31 21:15 | 700 Nordic

P 1357 北欧は、新しい統計を中心に

4.3.北欧
のカテゴリには、58件の記事があります。

さいわい、2009.08.12. の P1062 で、それまでの記事をまとめていますので参照ください。

その後も、各国の政府統計などを紹介しています。
統計資料は1年間フォローしないと全体の仕組みはわかりません。まだ、3ヶ月ですので情報は断片的です。

58件のうち、各国別にみると、
スウェーデン 23件
デンマーク  15
ノルウエー   7
フィンランド  10
となっています。

P1062以降の19件から、特徴ある記事をあげると、
P1074 フィンランド チームワーク
P1123 デンマークのソーシャルワーカー協会
P1244 フィンランド ソーシャルワークの生産性

【坂之上の昼下がり】
先発している私のブログでは、北欧の記事が多いです。
右肩の検索欄で、「スウェーデン」をみたら、スウェーデンを対象とした単独の記事が16件もあります。
このほかに、北欧全体を扱ったもの、EUの中の比較など、多数の記事がありました。

以下には、16件の番号(日付)をあげておきます。
*これらの記事を国別に編集してまとまった記事を書きたいですね。

第2892号、以下4桁の番号のみ。
2840 2778 2480 2312 1777 1734 1724 1553 1533 1525
2008.02.23
2008.02.07
2007.11.24
2007.07.18
2007.04.25
*通し番号を記載しているのは、2008.09.01の記事からです。

【北欧を学ぶ視点】
日本では、北欧の人気は高いです。
私も、(20年ほど前の話ですが)介護の専門家や実務家のチームで5回北欧各国を訪問調査しています。

以下は、北欧研究の盲点です。
1 往々にして、北欧の一番いい事例と日本の問題の事例を対比するような情報収集する研究者やメディアがいます。
2 北欧の優れた社会システムのポイントは、公務サービスへの信頼です。(「高福祉」とは、公務サービスへ支払いシステムですね)北欧について多く語られ、なぜ、日本ではほとんど北欧流が実現しないのか?
日本における行政への不信が根っこにあると思います。
ですから、日本の行政を批判し、北欧にあこがれるだけのスタンスでは、いつまでたっても北欧型の社会サービスは実現しませんね。この単純明快な事実に、「革新的」研究者やメディアは気がついていない様子です。
3 日本人が知る北欧情報は、(私の場合がそうですが)英語経由です。北欧の介護現場の情報は、現地語で語られ、記録されています。そこに、日本人が知る北欧情報と現地の感覚とにギャップが生じます。
[PR]
by jpflege | 2009-08-30 08:47 | 700 Nordic

P 1062 北欧のエントリーは38件

4.3.北欧
へのエントリーは、38件です。

「介護専門職の社会的地位」というこのブログのテーマからは、デンマークの福祉と医療を重ね合わせた教育システムが重要なヒントを与えてくれます。
残念ながら、この点に関する英語サイトは少ないのです。
*日本語の文献が石川 彪氏らのものであります。
日本語文献のリスト:P 0182

P 0181  社会福祉保健養成学校
P 0203  文部省
がエントリーしています。

北欧各国は小さい国々ですが、わが国だけではなく、ヨーロッパでもその福祉思想・福祉政策は注目されてきました。
残念ながら、多くの介護政策関係の情報は現地語です。英語文献はかたよりがありますが、そのことを意識しつつ英語文献で意味あるものを発見したいです。

北欧共通のサイト
P 0202 北欧会議
P 0187 Social Protection in the Nordic Countries

スウェーデン、デンマーク、ノルウエー、フィンランドの政府統計局のサイトは英語もありよくできていますので、しばしば記事を書いています。
カテゴリ 104.3 北欧統計4点にリンクしてあります。

各国別にみてみました・・
スウェーデン  15件
デンマーク    12
ノルウエー     3
フィンランド     6
となっています。

P 0097 The Copenhagen Post Online
P 0098 STOCKHOLM NEWS
の英字新聞の存在が大きいですね。

内容的に重要な記事3点:
p 0222 スウェーデン政府の閣僚構成(日本との対比)
P 0236 デンマークの思想(経済と福祉の統合) "Flexicurity"
P 0458 フィンランド経済研究所


※「坂之上の昼下がり」のカテゴリ「地球」には、相当数の北欧文献がアップされています。ひまをみて、それらを検索して、まとめて、この「坂之上の夜明け」へアップします。
[PR]
by jpflege | 2009-08-12 16:43 | 700 Nordic

P 0202 北欧会議

Nordic Council

Areas of co-operation

の7分野の末尾に

Welfare and Gender Equality

の項目があります。



Elderly people

Social integration

The Nordic Welfare Model
[PR]
by jpflege | 2009-06-09 10:51 | 700 Nordic

P 0187 Social Protection in the Nordic Countries


NOSOSCO


の、上の方の表紙をクリックすると、

Social Protection in the Nordic Countries, 2008

(263ページ)をダウンロードできます。
[PR]
by jpflege | 2009-06-08 10:03 | 700 Nordic