カテゴリ:504 population( 43 )

P 7613 OECD アジア太平洋地域の平均寿命

OECD, 2010.12.21

Life expectancy is improving in Asia-Pacific, infant mortality falling and health spending rising, says OECD.

The OECD’s new Health at a Glance: Asia/Pacific 2010 says that Asian economies spend just over USD 500 per person per year on health, against over USD 3000 in OECD countries. This amounts to more than 4% of GDP, on average, compared to over 9% in OECD countries.

The report presents key indicators on health and health systems for 27 Asia/Pacific countries and economies, including four OECD member countries (Australia, Japan, New Zealand and the Republic of Korea).
[PR]
by jpflege | 2010-12-25 04:16 | 504 population

P 7152 Foreign workers in Europe most hit by financial crisis

CNTV

The current recession affecting most of Europe has reduced the inflow of immigrants. Many foreign workers are returning to their home countries as job opportunities decline and unemployment rises. Those who stay face a reduction of social benefits and in same cases discrimination.
[PR]
by jpflege | 2010-10-31 14:36 | 504 population

P 6970 51 million young EU adults lived with their

eurostat 2010.10.08

In 2008, approximately 46% of young adults
aged 18-34 in the European Union still lived
with at least one of their parents (Figure 1).

The disparities across the EU have been examined so
as to shed new light on the situation of young
people in our societies.

This topic is of particular relevance due to increasing focus of EU policies
on young people and their participation in the
labour market.
[PR]
by jpflege | 2010-10-15 20:01 | 504 population

P 6963 How is the world's population growing?

guardian

How many people live in each country in the world - and how is the world's population growing?

The best source on earth for the answer is the United Nations population division and this comprehensive set of data shows estimates for the populations of every country in the world, going from 1950 all the way up to 2050.
[PR]
by jpflege | 2010-10-15 08:50 | 504 population

P 6852 国連事務総長 高齢化政策

examiner 2010.10.02

Secretary-General Ban Ki-moon on 1 October 2010 urged governments to institute measures to provide greater support to a growing number of older people, saying they played an important role in society as leaders, caregivers and volunteers, yet they faced discrimination, neglect and abuse.

‘The key interventions are well-known: granting universal access to social services; increasing the number and worth of pension plans; and creating laws and policies that prevent age and gender discrimination in the workplace,’ Mr. Ban said in a message to mark the International Day of Older Persons, the 20th year that the day is being observed.
[PR]
by jpflege | 2010-10-08 12:54 | 504 population

P 6724 BBCによる高齢化問題の展望

BBC 2010.09.14

ISSA経由。

There are some important variations in how countries are affected by these developments. But it is a global trend and almost all countries will be affected in one way or another.
[PR]
by jpflege | 2010-09-24 20:10 | 504 population

P 6437 宮崎わかこ

2008.09.28

要するに、先進国といわれている国が、それなりの社会保障として高齢者の介護・支援を行う社会システムを作ってきたのですが、自国の看護・介護の専門職だけで担うことができず(看護・介護労働力不足で)、かなりの部分を外国人労働者に依存しているという実態です。

 たとえば、スエーデン。「外国人労働者、大いに歓迎です! 違う価値観が共存することが、国を豊かにします」。

イギリスは先日厚生労働省の幹部がすこやか福祉会の認知症のグループホームに視察にいらっしゃいましたが、「認知症の人のケアについてはイギリスより日本のほうが進んでいます。イギリスの介護労働は他の国の人をあてにしています。たとえば、ケースワーカーでさえ半数以上が外国人です」。

フランス・・・「家庭内の支援は、北西アフリカのモロッコなどの、もと植民地化していた国々の労働者に依存しています」。 

ドイツ。「トルコなどの国からの移民問題がずっと続いている。それと介護問題が重なり合っている」

 いわゆる先進国は、高齢社会・介護問題でそれなりのシステムを作ってきたが、それを担う人・労働者・専門職がいなくて苦心しているのです。それを専門職としての介護労働者という位置づけではなく、差別的なニュアンスをもった位置づけでシステムに組み込んでいるように見えるのです。

カナダ・オーストラリアだって、発展途上国といわれている国からの介護労働者を膨大な数を受け入れることにエネルギーを裂いています。
[PR]
by jpflege | 2010-08-29 10:33 | 504 population

P 6425 介護政策:OECD 日本語要約版

HP
[PR]
by jpflege | 2010-08-28 13:52 | 504 population

P 6115 ILCシンポジウム 高齢者介護

2007.10.16

各国の報告内容はPDFでダウンロードできます。

各国における高齢者介護の状況
<アメリカ>
ロバート・N・バトラー(国際長寿センター米国理事長)
代理報告:ノーラ・オブライエン(国際長寿センター米国国際部長)
<フランス>
フランソワーズ・フォレット(国際長寿センターフランス理事長)
<イギリス>
ピーター・レイコック
(イングランド・ウェールズ・北アイルランドアルツハイマー協会評議員)
<ドミニカ共和国>
ロジー・ペレイラ・アリサ(国際長寿センタードミニカ共和国理事長)
<日本>
山崎史郎(厚生労働省老健局総務課長)
[PR]
by jpflege | 2010-08-05 05:58 | 504 population

P 6112 佐藤百合子 在宅ケアの国際比較

都老研講演会

在宅サービスの定義やサービス内容は国ごとに差異がありますが、各国に共通しているのは、訪問看護サービスと家事援助・介護サービスです。これらは、6つのサービス群に分けられます。

 第一は、核となるサービスで、身体、精神、認知の機能に対する診断と評価を行い、ケア・プランを作成し必要なサービスの調整をはかります。

 第二は医療・介護サポートで、看護や医療のケアがこれに含まれます。

 第三が家事介護サポートで、清掃、食事、洗濯などの日常家事から、高齢者本人の入浴、食事、排泄、散歩等の生活機能の補助があります。

 第四が住環境サポートとして、家の保持・管理などです。

 第五が法的・財政的サポートで家計管理・財産管理・法務処理などです。

 最後がソーシャル・サポートとして、訪問、話し相手になるなど、障害の有無に関係なく、生き生きとした生活を送るために必要なサービスです。
[PR]
by jpflege | 2010-08-05 05:41 | 504 population