<< P 7398 素案Ⅲ1(8) ... P 7396 素案Ⅲ1(6)認... >>

P 7397 素案Ⅲ1(7)家族支援

(7)家族支援のあり方

○ 介護保険制度の導入の目的の一つは、介護の社会化である。介護保険により提供される様々なサービス、地域における支援などを組み合わせて、家族の負担を尐しでも軽減し、仕事と介護の両立ができるよう支援を行っていく必要がある。

○ 現行の介護休業制度の取得率は平成20年度で0.06%に過ぎない。また、本年6月より、育児・介護休業法の改正により、新たに介護休暇制度が創設されたばかりである。このため、これらの制度の利用促進を図っていくことが求められる。

○ 家族介護者支援(レスパイト)などの観点から、デイサービス利用者の緊急的・短期間の宿泊ニーズへの対応のあり方については、利用者の処遇や安全面に配慮しつつ、認知症の要介護者等を対象とした先行事例なども参考にして、慎重に検討を行うべきである。

○ 地域支援事業における家族支援事業については、現在911市町村で実施されている。今後、モデル的な市町村の取組について、他の市町村においても情報を共有する仕組みを設けることなどにより、さらに事業を推進していくことが必要である。
[PR]
by jpflege | 2010-11-21 13:57 | 997 2012改正
<< P 7398 素案Ⅲ1(8) ... P 7396 素案Ⅲ1(6)認... >>