<< P 1395 医師報酬規則 P 1393 OECD 児童に... >>

P 1394 フランスの社会政策をめぐって

【フランス研究の意義】
社会政策の分野におけるフランス研究の意義

フランスの社会保障は、
・いわゆる「大陸型」で社会保険方式を基盤にする点で日本とは共通の要素が多い。
・いま日本で話題の「少子化」対策では、昔から、「人口政策」を重視してきた実績がある。
・ソーシャルワークの分野でも、専門職としての「アシスタント・ソシアル」が注目される。

のですが、
なんといっても、語学(フランス語)の限界から、
イギリス、アメリカなどに比較して、文献は極端に少ない。

あるいは、
私がフランス語ができないので、フランスのサイトに直接アクセスすることができないでいます。

文化・料理・ワイン・自転車などでの紹介に比較してアンバランスです。

やむをえず、このブログにおいては、
・日本語で紹介されているフランスの社会保障に関するサイト・情報の紹介
・英語で紹介されているフランスの社会保障に関する基本的なサイト・情報の紹介
をめざします。

遠い夢としては、
このブログのテーマである「介護専門職の社会的地位」がフランスではどうなっているのか?
に迫りたいです。

【3ヶ月で6件】
このブログの
カテゴリ 4.9.フランス
には、6件の記事があります。

6 P 1107 Decline in payroll employment 2009-08-15
5 P 0884  フランス井戸端会議 2009-07-27
4 P 0623 CIAによるフランス基礎情報 2009-07-07
3 P 0358 年金支給開始年齢を引き上げる提案 2009-06-18
2 P 0273 フランス政府統計局 2009-06-13
1 P 0169 フランスの介護問題 2009-06-07

【坂之上の昼下がり】
先行ブログで、フランスに触れたもの。

第2909号 2009.05.23 雇用政策OECD
第2838号 2009.05.10 薬剤対策
第2833号 2009.05.09 病院デモ
第2701号 2009.04.07 移植手術
第2664号 2009.03.31 医療保険(英語) 二木教授から教わる。
第2560号 2009.03.20 英語によるフランスのニュースサイト
第1707号 2008.10.14 「受け入れ家庭」制度
第1604号 2008.09.25 医療・介護サイト
2008.06.03 尊厳死法
2008.05.08 篠田道子
2008.01.11 海外社会保障研究 No.161

【日本語文献・サイト】

フランスの高齢者介護 奥田七峰子 フランス在住の研究者です。

原田啓一郎 2007

安立 清史 2000 巻末の文献が網羅的です。

上村政彦 1996

【英語文献】

Nursing homes in 10 nations 1997, Age and Ageing
[PR]
by jpflege | 2009-09-03 04:08 | 020 France
<< P 1395 医師報酬規則 P 1393 OECD 児童に... >>